BB戦士 ストライクフリーダムガンダム

ストライクフリーダムガンダム

というわけで、今回はバンダイ社製
機動戦士ガンダムSEED DESTINYより、
BB戦士 288  ストライクフリーダムガンダム
を紹介します。
ストライクフリーダムガンダムは機動戦士ガンダムSEED DESTINYの真の主役機。
まあ、簡単に言うと主役と思われたシン・アスカの乗るデスティニーガンダムを さしおいて、
前作ガンダムSEEDの主人公キラ・ヤマトが乗り込み、活躍しまくったガンダム。
ガンダムマーカーで一部塗装を施してます。

全身図


200番台後半だけあって、なかなかのプロポーション。

各部


可動範囲は肩の引き出し機構は無いものの、肘、手首、足首までちゃんと動きます。

高エネルギービームライフル

塗装しないと真っ黒なビームライフル。
正直ストックが無いのであまりライフルという印象かないですな。
ロングバレルハンドガンという印象。

劇中どおり2丁連結が出来ます。
ええ、がっつり肉抜き穴が開いていて、少々興ざめですが。

クスィフィアス3レール砲

スラスターユニットもかねたレールガン。
残念なことに砲口のモールドは有りません。上の画像では描いてるだけです。

BB戦士とは思えないことに、劇中どうり後部にスライド出来ます。
ちゃんとビームライフルも腰に装備できます。

シュペールラケルタビームサーベル &ビームシールド

デスティニーのものと比べるとクリアパーツで無い分ちょいと寂しいですな。

スーパードラグーン 機動兵装ウイング

バックパックのウイング。1枚1枚可動しますが、ドラグーンは取り外せません。
それどころかシールも付属しません。
取り外しはともかくシールもつかないのはちょいと残念。
ちなみにガンプラに対応してるスタンドには基本的に対応しているようです。


ということでストライクフリーダムでした。
クリアーパーツなどない分、ちょいと地味な感じは否めませんが、
その分非常に堅実なつくりのキットです。
劇中ではデスティニーを凌駕してましたが、
BB戦士ではデスティニーのほうが優遇されてる感じですな。
派手さは無いもののライフルの連結、レールガンの移動など
ストライクフリーダムらしいギミックは
ちゃんと搭載されている良いキットだと思います。



フィギュ間にもどる

版権物なので画像の転載を禁じます。
著作権などは製作者、版権元にあるはずなんでその方向で

inserted by FC2 system