ムゲンサーガ ムゲンファラオ 繰府庵~フィギュ間~

繰府庵トップページフィギュ間

ムゲンサーガシリーズ
ムゲンファラオ 後編

ムゲンサーガ ムゲンファラオ
今回は「ムゲンサーガ」よりバンダイ社製、
ムゲンサーガシリーズ
ムゲンファラオ

を紹介します。
ムゲンサーガは10年ほど前に展開されていた食玩版「ムゲンバイン」シリーズの復刻版。
そのムゲンサーガ第1弾は食玩版「ムゲンバイン」シリーズの人気作、 ムゲンファラオ。
5体の神獣が合体し、ムゲンファラオが完成します。
旧版との違いは成形色、部分塗装の変更、シールの削減ですな。
ムゲンファラオは一つ400円(税別)×5で完成します。
こちらは合体前の各メカの紹介です。

ムゲンファラオ全身図
ムゲンファラオムゲンファラオムゲンファラオムゲンファラオ
ということで5神合体でムゲンファラオの完成です。
デザインされて10年近くたってもかっこよいと思える良いデザインですな。

ムゲンファラオ各部
ムゲンファラオ
頭部周りはアヌビス、スフィンクス、ラーのパーツを組み合わせたもの
スフィンクス時には頭部底面になっていて見えなかった、フードの青いところは塗装済み。
アヌビス時に見得なかった顔も塗装済みです。
ムゲンファラオ
ムゲンファラオ
ムゲンファラオムゲンファラオ
ムゲンファラオ
ムゲンファラオ
ムゲンファラオ
ムゲンファラオムゲンファラオ
ムゲンファラオ
ムゲンファラオ
ムゲンファラオ
武器は手に持たせないときはバックパック側面に取り付けておくとおさまりが良いです。

可動
ムゲンファラオ
まずムゲンファラオ全体にいえることですが可動箇所は鎖を除き、全て軸可動です。
首は左右に可動しますが、しっかり動かそうと思うと
両サイドの帯状のパーツの位置を調整する必要があります。
アヌビス時と同じ関節で上下にも可動しますが、
後頭部が重くなっているため角度の保持はできません。
肩前後、横方向に軸可動、上腕ロール軸、肘1軸
手首回転のみ。
ムゲンファラオ
腰360度回転、股間接縦横軸可動。
膝2重で可動、膝ロール軸有。ふくらはぎについているパーツに干渉します。
腰アーマー基部で可動、前垂れのみ中2か所で可動。
ムゲンファラオ
足首前後2重関節、内側向き左右スイングロール軸有。
ムゲンファラオ
つま先軸可動。
全体的な保持力ですが、パーツの接続ジョイントと兼用になっている関節の保持力はまずまずですが、
肩、股関節、膝など軸の太さなどが調整できない関節の保持力が弱めなのが困りもの。
まあ旧版でも同じ様な感じでしたけどね。
弱めと書いてますが、あまり激しいポーズを取らせないなら問題ないかと。

クリフ流ムゲンファラオ
ムゲンファラオムゲンファラオ
有形ブロック玩具の良いところは自分の好きなように組み替えられる所ですな。
ということで可動範囲を広げることを主眼に組み替えてみました。
以下忘備録的なレシピ。
ムゲンファラオ
腕のウイングは胸ブレードに
ムゲンファラオ
ムゲンファラオ
前後腰アーマーは肩アーマー側面に。
ムゲンファラオ
バックパックは余剰パーツ+一部組み換え
ムゲンファラオムゲンファラオ
セベクの頭、上面を腰アーマー前に。
ふくらはぎについていたアヌビスの脚を脚側面に。
ムゲンファラオムゲンファラオ
頭部の両サイドについていた帯状のパーツは武器に
鎖も繋げて武器に取り付け。以上。
ムゲンファラオ
とりあえず首の左右ロールが行いやすく、
ムゲンファラオ
膝がより深く曲がるようになりました。
ムゲンファラオ
必殺技は胸アーマーを弓にしての攻撃ということで。

まとめ
と、いうことでムゲンサーガ ムゲンファラオでした。
旧シリーズを格納庫に移したと同時期にムゲンサーガの発表があり何とも微妙な思いもしたんですが、
ムゲンファラオは以前所持していたものの、紹介はしていたかったのである意味丁度良いかと。
さて、個人的には食玩ムゲンバインシリーズではこのムゲンファラオが最も出来が良いものと思ってましたが、
今回ムゲンサーガとして再販されても流行りよいものですな。
デザインもさることながら、パーツの分割バランスが程よいんですよ。
他のキャラはパーツ分割が多すぎて他の組み合わせがしにくかったり、
逆に細かすぎてめんどくさかったりしてましたしな。
ムゲンサーガとして再販されるにあたってコストカットの意味もあると思いますが、
シールが大幅に減少これによって色味は減ってますが
デザイン的に寂しく見えないのも良いところですな。
旧シリーズは後半は特にシール地獄でしたしね。
そろえて遊ぶことを考えると食玩としてはお高めの気もしますが、
このクオリティの有形ブロック玩具として考えると手に入れやすい価格だと思うので、
有形ブロック玩具好きにはお勧めできますよ。

さて、現状でムゲンサーガの第2弾はムゲンアーサーが発表され、
その後も企画されているようですが、新キャラクターとか出るんですかね。
ムゲンアーサーも旧版と合体パターンを変えたり、
黒主体の全く別のカラーバリエーションのものを用意して差別化を図っているようです。
色々と楽しみです。

ムゲンファラオ前編へ

inserted by FC2 system