ムゲンバイン ムゲン海聖獣

ムゲンバイン ムゲン海聖獣

はい、今回は
バンダイ社製、
「ムゲンバイン ムゲン海聖獣」
を紹介します。
ムゲンバインは本来1500円程度のブロックロボット玩具ですが、
こいつは一つ300円×6の食玩でございます。
今までは5体合体でしたが 今回は6種集めて一体の大型ロボになります。

ムゲンキャプテン


今回の人型、ムゲンキャプテン。
今回は間接数が大幅に減って、各付け根のみ。



頭部胴体はリバーシブルで、スカルフェイスを搭載。
髑髏のマーキングカッコいい。

合体時には主に頭部、胴中央、武器、かかとを担当。

ムゲンスティングレー


スティングレー、エイね嬰。
ひれの端が少し動くがそれくらい。

こいつにはロイダーディープが付属。

ロイダーディープはいろんなところに乗っけれます。
エイモチーフのエンブレムもかっこよい

主に腕、バックパック、武器などを担当。

ムゲンシャーク


シュモクザメだか、鋸鮫だかいっしょくた。
知り合いが鋸鮫のことを撞木鮫だと思ってたなあ。



ヘルメット、脚などを担当。
何か間違えてロイダーディープを一緒に撮ってるな。

ムゲンシザー


蟹。…シザーじゃなくてシザースが正しいんじゃないのか?
つーか、クラブでよいんじゃないかと。


肩、腰、腿、足首など重要パーツを担当。
はさみの表情もつけやすく、なかなか可愛い奴です。

ムゲンクラーケン

クラーケンと言うより、イカ、いか、烏賊。
可動性はまったく無いかわいそうな奴です。


胴体、脚、足、武器などを担当。
つーか、ムゲンスクィードでよかったんじゃ?

ムゲンホエール


六体目のクジラ。
脚の一部しか重要パーツを賄わないかわいそうな子。


脚以外にアーマー類などを担当。

胴体は宝箱になっているのが唯一の救い。

ムゲンパイレーツ


六身合体してこの姿に。
巨大な錨がイカシマスな。

こちらはシール未使用の姿。サビシイッ!

各部





どこにどのパーツが行っているかお解かりだろうか?
前作のムゲンアーサーに比べパーツ構成が細かくなっているのが良い感じ。

可動範囲は足首がチョイト動かしにくくなった感じがしますが、良く動きます。

錨を組み替えてボウガンに仕立ててみた。なかなか良い感じ。

対比

同シリーズ、他のムゲンバインロボと。
アーサー、ファラオが5体合体に対して、
パイレーツは6体合体なのでチョイト大きめな感じがしますな。


ムゲンカイオウへ

そんなこんなでムゲンパイレーツでした。
剣聖獣のムゲンリヴァイアサンと組み合わせることで
ムゲンカイオウに出来るのですが、今回写真を撮ってないので
追々、追加したいと思います。
さて、来年1月にはまた食玩のほうで新作が出るようで、
その他にも「萌バイン」とか言うシリーズを展開しようとしているらしい。
…何考えてんだ、バンダイの中の人?

まあ、今回のパイレーツもかなり楽しめました。
ムゲンアーサーと組み合わせて巨大戦士を計画中。
完成したら、ムゲンカイオウとあわせて紹介したいと思います。


フィギュ間にもどる

版権物なので画像の転載を禁じます。
著作権などは製作者、版権元にあるはずなんでその方向で

inserted by FC2 system