スーパーミニプラ ギャラクシーメガ レビュー ギャラクシーメガ編 繰府庵フィギュ間

繰府庵トップページフィギュ間

スーパーミニプラ
電磁合体 ギャラクシーメガ

スーパーミニプラ ギャラクシーメガ
今回は「電磁戦隊メガレンジャー」よりバンダイ社製、
スーパーミニプラ 電磁合体ギャラクシーメガ
を紹介します。
ギャラクシーメガはスーパー戦隊第21弾「電磁戦隊メガレンジャー」に登場した1号ロボですな。
戦隊では珍しい2機合体の1号ロボです。といってもほぼ1機と言っても過言ではない。

そんなギャラクシーメガがスーパーミニプラで登場。
繰府庵では2機目のスーパーミニプラの戦隊ロボですな。
今回白とグレーのパーツにのみ墨入れを施しています。

メガシップ全身図
ギャラクシーメガギャラクシーメガ横
まずはメガシップ
ミレニアムファルコン的なデザインと細かなディティールが素敵。
転がし遊びができます。
ギャラクシーメガギャラクシーメガギャラクシーメガ頭正面
ちょっと分かりにくいですが、メガシップ状態ではロボ時の腹部と胸部の間に隙間が空く感じですな。
全身細かくモールドが入っていますが、
青いパーツに墨入れすると重くなる気がしたので今回はグレーと白のパーツのみ墨入れしてます。
ギャラクシーメガ頭横
勘違いして底面にまとめてブースターライフルを付けていますが、
だだしくはブースターはメガシップ両サイドにつけ
ライフル本体のみ底面につけるのが正しいパワードメガシップモードですな。

メガシップ ギミック、変形。
ギャラクシーメガ脚
設定通り機首ががばちょと開いて、メガシャトルの発着が可能になってます。
ギャラクシーメガ背中ギャラクシーメガ
ブースターライフルと合体してメガシャトルブースターモードにできます。
よく見たらライフル本体の墨入れ忘れているな。

ギャラクシーメガ
メガシップからギャラクシーメガの変形は底面のシールドを外したうえで変形して行きます。
そういえば最近シールド持った戦隊ロボ見なくなったなぁ。
ギャラクシーメガ
腕になるパーツを基部から動かし脚のロックを外します。
ギャラクシーメガギャラクシーメガ
足を延ばして、腕を横に動かし腕を伸ばして胴体を縮めます。
シンプルな仕組みながらも大きくデザインが変わる完成度の高い変形ギミックですな。
ギャラクシーメガ
メガシャトルは全部後部を展開して頭部に。
担当する部位がボルテスVのボルトクルーザーを彷彿とさせますな。
ギャラクシーメガ
合体させて、ギャラクシーメガの完成です。

ギャラクシーメガ
ギャラクシーメガ
ギャラクシーメガギャラクシーメガ
メガシップではどちらかというと丸い印象のメカでしたが、
変形したギャラクシーメガは角ばったイメージのいかついロボになるのが面白いですな。
目立つパーツの位置が変わるとこうも印象が変わるという良い例ですな。
ギャラクシーメガ
腕は付替えることでプロポーションを調整できるようになってます。
スーパーミニプラではお馴染のギミックですな。
ギャラクシーメガ時は後ろの方を使うとプロポーションが良くなりますが、
前の穴を使わないと変形時に干渉するという具合です。
なお、穴がつながっているため、やや保持力は弱め。困るほどではないですが。
ギャラクシーメガギャラクシーメガ
顔は塗装済みパーツ。黒いところはシールで再現されています。イケメーン。
ギャラクシーメガギャラクシーメガ
胸部の「M」マークはクリアーパーツで、パーツの下はシルバーシールが使われますが反射率は低め。
ギラギラ反射してほしい人は自分でメタルテープなり切り貼りした方が良いかと。
ギャラクシーメガ
ギャラクシーメガギャラクシーメガ

可動と武装
ギャラクシーメガ
可動は手首と足首、胴体の可動以外は全て軸関節。
首は背中のメガシャトルの後部とつながっていますが、ちゃんと左右に可動し、
肩縦横2軸、上腕ロールあり、肘1軸で120度程度。手首ボールジョイント。
ギャラクシーメガ
さらに首の基部で上方向の可動があります。
ギャラクシーメガ
胴体は腰ではなく胸部でボールジョイントで動くタイプ。
股関節は縦横2軸に太腿ロール軸。
変形の都合もあり、膝は2軸で足首は前後スイング+ボールジョイント。
ギャラクシーメガ
多少シルエットは崩れますが、正座できるほどの可動範囲を誇ります。
ギャラクシーメガ
ブースターライフル。
今更ですが、メガレンジャー見たこと無いのでどのような活躍をしたかは知らないんですが。
ギャラクシーメガ
メガシールド
小振りなラウンドシールドですな。
ギャラクシーメガ
メガシップ時の底面のパーツを組み替えて、シールドになります。
グリップパーツがシールド本体から外れやすいのが難点かと。
スーパーミニプラ ギャラクシーメガ
メガサーベル
構えると出てくる不思議な剣。
「すごい科学で守ります!」ではデンジ転送システムによるものだと解釈されてましたな。
む、「すごかが」ももう20年前か。
スーパーミニプラ ギャラクシーメガ
ライブロボと比較。ほぼ同サイズです。

総評
と、いうことでスーパーミニプラ 電磁合体 ギャラクシーメガでした
メガレンジャーはみたことがないのですが、
ギャラクシーメガの完成度の高さはDX玩具の時点で結構気になってました。
といっても、実物ではなくサイトでの紹介記事ですけれど。

さて、スーパーミニプラのギャラクシーメガですが、
非常に完成度の高いものになっていると思います。
ギミックの再現、プロポーションの良さに加え、
可動範囲も広いとまさに至れり尽くせりです。

inserted by FC2 system