METAMOR-FORCE ブラックウイング レビュー ブラックウイング編 繰府庵フィギュ間

繰府庵トップページフィギュ間

METAMOR-FORCE ブラックウイング
前編

METAMOR-FORCE ブラックウイング
今回は「超獣機神ダンクーガ」より千値練社製、
METAMOR-FORCE ブラックウイング
を紹介します。
黒騎士ことアランの駆るブラックウィングですが、
ダンクーガ本編では最初は謎のライバル的キャラとしてあらわれ、
最後は華々しく散るという美形キャラ的ポジションでしたなアランは。確か。
スーパーロボット大戦シリーズだと生き残ることが多く、
最近ではファイナルダンクーガに合体しっぱなしということも多いですな。
このMETAMOR-FORCE ブラックウイングは
ちゃんとファイナルダンクーガへの合体ギミックを持ってます。

千値練の公式HPなどでは頑なに明らかにされてませんが。
こちらは前編です。

全身図
ブラックウイング
ブラックウイング横ブラックウイング
ということで、ブラックウイングの全身図。
マットな質感のボディの黒にウィングの青がかっこよいですな。

各部
ブラックウイングブラックウイング頭正面
顔も当然シャープなできばえ。個人的にはダイソードに似てると思ってますが。
金色のマーキングもきれいに施されてます。
ブラックウイング頭横ブラックウイング脚
胸部の4連パルスレーザーは硬質素材でシャープなできばえ。
砲口もちゃんと造形されていて良いのですが、細いパーツなので手荒に扱うと破損しそうで怖いです。

可動を優先しているため、腹部から股間にかけての象の鼻はダミー造形です。
ブラックウイング背中ブラックウイング
ブラックウイングブラックウイング
ブラックウイング
ブラックウイングブラックウイング
太腿などに合金パーツが使用されているようです。
つま先や腕のくちばしの先がなかなか鋭利なので
油断してると刺さります。

可動
ブラックウイング
可動に関しては割と優秀かと。
手首はアレイ型ボールジョイントで接続、
肘は2重関節で上腕ロール軸有。 肩は変形の都合で多重関節です。
首は頭部側に前後スイング。基部で回転前後左右スイングで表情がつけやすいです。
ブラックウイング
腰にボールジョイント。股関節は太腿ロールを含めて3軸。
膝h2重関節で右足程度に曲がります。逆関節にも変形の都合で曲がります。
足久保はボールジョイントでアンクルガードも可動。爪なども動きます。
ブラックウイング
開脚はご覧の程度でロール軸もご覧の程度。
ちなみにスタンド対応穴が股関節付近にあります。
ブラックウイング
ウィングはクリック入りで3段階の角度があります。
ブラックウイング
基部もクリック入りで前後(画像の向きだと上下)3段階に可動。
一見ヒューマノイドモードだと邪魔になりそうなウィングですが
この可動のおかげで腕の可動をあまり邪魔しません。
ブラックウイング
オプション類。表情付平手と断空剣に対応した武器持ち手。
上段左側がストッパー無しのスタンド軸、上段右がファイナルダンクーガ合体用パーツ。
あ、説明書にはこんな風に名前が書かれているわけではありません。
ブラックウイング
スタンド。ブラックウィングの重量を支えるためにスタンドアームに補助用の板が取り付けられてます。
外すこともできますが。またストッパー付のスタンド軸を使用してます。
ブラックウイング
はい、METAMOR-FORCE ダンクーガとの比較です。

変形
ブラックウイング
ファイターモードへ変形。ウィングは取り外さなくとも変形できますが、
取り外したほうが変形させやすいです。
胴体前面装甲を開きます。
ブラックウイング
首を前に倒し、基部を180度回転させます。
ブラックウイング
頭を胴体に収納
ブラックウイング
前面装甲を閉じて肩を上にあげます。
ブラックウイング
腕の装甲から、折りたたまれている装甲版を起こします。
ブラックウイングブラックウイング
腕を胴体の上に上げ装甲をスライドさせ腕を収納したうえで、装甲をきっちり合わせます。
ブラックウイング
脚とつま先などを折りたたみます。
ブラックウイング
ウィングを取り付け尾翼で腰と太腿を固定して変形完了。


ブラックウイング
ファイターモードへ

METAMOR-FORCE ダンクーガへ

inserted by FC2 system