ヴァリアブルアクション
ダークナイト シュテル



というわけで、今回は覇王大系 リューナイトより
メガハウス社製、
ヴァリアブルアクション ダークナイト シュテル
を紹介します。
ダークナイト シュテルは覇王大系 リューナイトのライバルキャラにあたる存在。

全身図



劇中からそのまま出て来たかのような造型で、良い感じ。
シリーズとしては先にリューナイトゼファーとリューニンジャ爆裂丸が発売されてますが、
個人的には初めて触るシリーズなんでおっかなびっくり。

各部




全体的にシャープな出来で、塗装も丁寧。
背中のコクピット入り口、足首の球状パーツはクリアパーツ。
肩のマントは軟質素材で質感は良いのですがチョイと問題が(後述)

可動

基本的な可動個所は最近のアクションフィギュアと同等に動きます。
特に首と肩が可動範囲が広いです。
首は頭側、胴体側それぞれボールジョイント、さらに軸の中央にも関節が。
デザイン上埋まっている首ですが、これにより広い可動範囲を確保してます。
肩も二重関節の上、肩アーマーは独立可動。
さらに引き出し式で非常に広い可動範囲なのですが
引き出し関節の基部がボールジョイントで保持力が弱いのが問題。
ただでさえ大きい肩アーマーに、分厚い軟質素材で重いマントの重量を支えきれずに
肩間接を引き出すと肩アーマーがハの字に垂れ下がってしまうのが残念。

各種武装

盾と剣を装備。

マジックソード。
乗り手ガルデンが魔法騎士のため、雷撃魔法「ライダース」を剣から放つ、
「ライダースソード」が印象的。

盾。特に名称はない模様。

劇中であったかどうか記憶にありませんが、マジックソードを収めることが出来ます。

なお、拳は左右それぞれ握り拳、武器持ち手、平手の3種が付属

邪竜形態


胸部アーマーと、尻尾の付け替えで邪竜形態へ変形可能。


胸部の目のパーツはクリアパーツで作られ、
尻尾は軟質素材、各関節がボールジョイントで動きます。

スタンド

専用スタンドが付属。上部、中央で可動します。
土台にはマジックソードと盾のデザインを組み合わせたマークが。
/p>

スタンド

ダークナイトシュテルの召喚キー、ミストロットをイメージしたカードが付属。
裏側(右側画像)の下部にあるコピーライトがかなり興ざめですが。
鎧に普段収納されているのを取り出す、ガルデンの姿が痛そうで痛そうで。
苦悶の表情浮かべてますからな。

ライツカメラ、アクション!!








はい、そんなこんなでヴァリアブルアクション ダークナイト シュテルでした。
TOP画像、および上記の画像の背景はパッケージの中紙を使用してます。
造形的には問題ないんですが、最大にして唯一の弱点が、肩関節の保持力の弱さですかね。
肩間接を引き出さないとそうでもないんですが、
引き出すとほとんど保持出来なくなるほどの弱さは何とかして欲しかったです。
特にリューは大きな肩が特徴なんで、肩の保持力は死活問題と思うのですが。
しかし、劇中から飛び出してきたような姿は本当にかっこよいです。
リューの中では1、2を争うぐらい好きなデザインなんで、主役をほっといても買います。
まあ、さすがにクラスチェンジ後のルーンナイトは出ないでしょうな。

リューパラディン・ロードゼファーへ


フィギュ間にもどる

版権物なので画像の転載を禁じます。
著作権などは製作者、版権元にあるはずなんでその方向で

inserted by FC2 system