S.R.G-S アルテリオン 組み立て編 繰府庵フィギュ間

繰府庵トップページフィギュ間

S.R.G-S アルテリオン
1/144スケールプラスチックキット)
組み立て編

S.R.G-S アルテリオン
今回は「スーパーロボット大戦 オリジナルジェネレーション」よりコトブキヤ社製、
S.R.G-S アルテリオン
の組み立て編です。
例によって説明書の順番とは違う順番で組み立ててます。
ガンダムマーカーで加工してます。


アルテリオン 頭
頭部から首付け根までですな。
顔とトサカは塗装済み
アルテリオン 頭
パーツわけと塗装により色分けは完璧。
アルテリオン 頭
トサカの頭頂部にゲートがあるのでそこだけ追加塗装したいとこですが。
この色ガンダムマーカーにないもんで放置。
アルテリオン 改肩
一番下の板状のパーツは前後にスイングします。

胴体
アルテリオン 改肩
パーツ構成はこんな感じ。
90mmGGキャノンの銃口パーツは極小のためランナーにつけたままでのご紹介。

とりあえず、墨入れと90mmGGキャノンの前のスリットは黒で塗ってます。
アルテリオン
続いて腹部と、わき腹。
アルテリオン
3つのユニットに組み上げて、
アルテリオン
胸の取り付けていきます。
両脇のパーツの開口部(?)は黒で塗ってます。



まずは腰の前後についているベクタードノズルから。

上記のパーツは1ユニットのもの。
2ユニット作ります。

続いて、腰。これだけのパーツ構成です。
申し訳ないんですが腰の完成写真は撮り忘れてます

Gアクセルドライバー

わきにぶら下げるGアクセルドライバー。

特別むずかしいことない組立ですな。
銃身以外の水色のパーツは内側を黒く塗ってます。



まずは腿から膝。

ロール軸がないのがちょいと残念ですが、
良い感じに別パーツになっているので
加工はそれほど難しくないかもしれませんな。
下のパーツは変形用のパーツになります。

こちらは膝の両サイドのパーツ

両脚に左右2個づつ作ります。



足は割とシンプルな構成ですな

変形の都合もあって、つま先とかかとが独自に動きます。

脛パーツを取り付けて、足の完成。
脛パーツは両サイド2パーツ、踝の紫色のパーツが左右それぞれ2パーツ、
膝近くの紫色のパーツの全8つと、足首用ポリキャップの計9パーツで作られてます。
これも写真撮り忘れてますな。物忘ればかりですみません。



腕。

組み上げ。上腕、前腕、肘アーマー含む、ミサイル・ランチ・システムを
別々に作って組み合わせる形になってます。
墨入れ、ミサイル・ランチ・システムの内面に黒を塗ってあります。

で、そのミサイル・ランチ・システムと肘アーマーの固定なんですが、
溝とピンの幅が微妙にずれてるのか、妙にテンションかかってはめにくく、
きっちりはまらないので外してみたらピンの基部が白化してました。
とりあえずこの後、ピンの片方を切り落とし取り付けることにしました。

肩アーマー。裏打ちpartsとかもあって意外と多め。

水色のウイングパーツに白を、円筒状のパーツに黒と赤を追加してます。

そして拳。3種類ありますが親指はそれぞれ別パーツ。

右手しかありませんが当然左右それそれそろってます。

そうして腕の完成。

最後に変形児用パーツ。
詳しくは本編で。

完成

S.R.G-Sアルテリオン 本編へ

inserted by FC2 system