S.R.G-S ガリルナガン 組み立て編 |繰府庵フィギュ間

繰府庵トップページフィギュ間

S.R.G-S ガリルナガン
(1/144スケールプラスチックキット)
組み立て編

S.R.G-S ガリルナガン
今回は「スーパーロボット大戦 オリジナルジェネレーション」よりコトブキヤ社製、
S.R.G-S ガリルナガン
の組み立て編です。
ガンダムマーカーやメタルテープで加工してます。


ガリルナガン肩
まずは肩アーマー。
今後特に明記しませんがグレーブラウンのパーツはABS製。
ガリルナガン肩
塗装前の状態。色調補正失敗してますが。
エッジを白で塗装。
ガリルナガン肩
組立自体は単純です。


ガリルナガン肩
続いて腕。
まずは、肩から肘。
ガリルナガン肩
塗装するパーツもないのでさくっと組み上げ。
ガリルナガン
続いて前腕。複雑な形状のためか大きさの割にパーツ多め。」
ガリルナガン横
手首のグレーを塗装してます。
ガリルナガン横
ツイン・クローの付いてないほうのパーツがちょっと浮いてしまうことがあるので
接着してしまったほうが良いかもしれません。
ガリルナガン頭正面
ガリルナガン
右手首。
握りこぶしと指をぴんと張った平手がついてますが、
平手はどういうときに使ったらいいかわからないような表情をしてます。
ガリルナガン
腕完成。
ちなみに左腕にも平手は付属してますが、そっちは若干指の曲がった表情付平手で使いやすいんですが。
なんで右手の平手はこんな使いにくいデザインなのか。


ガリルナガン
胴体。腹から上。赤いパーツは塗装済みパーツです。
ガリルナガン
首周りをグレーで塗装してます。肩のインステークも塗装してますが、
塗装前の画像は準備忘れ。
ガリルナガン
胴体完成。


ガリルナガン
ブレードアンテナはないので意外とパーツは少な目。
ガリルナガン
デュアルアイは塗装済みですが、
角の城は塗装されてないので自前で塗装。
ガリルナガン
メインカメラにはメタルテープを使用してます。


ガリルナガン
腰。割ときっちり色分けされてます。
ガリルナガンガリルナガン
塗装箇所はサイドアーマーの白と
リアアーマー中央のグレー。
ガリルナガン
フロントアーマーなど角が鋭いので注意が必要かと。


ガリルナガン
まずは腿から膝。
ガリルナガン
ここも塗装箇所はないのでさくっと組立。
ガリルナガン
突いて脛。
ガリルナガン
この画像ではわかりませんが、膝の周りが肉抜き穴がちょっと目につきます。
ガリルナガン
足首
ガリルナガン
ブレードは一部を白で塗装。
ガリルナガン
足首の内部フレーム。関節あたりはエグゼクスバインによく似てます。
ガリルナガン
足首完成。
ガリルナガン
脚の完成。

バックパック
ガリルナガン
まずはバックパック中央。
ガリルナガン
中央パーツをグレーで塗装してます。
今更ながら今回からガンダムマーカーを直で塗るのではなく、
細かいところは極細筆を使って塗るようにしたので
はみ出しが少なくなり、入り組んだところも塗装しやすくなりました。
ガリルナガン
中央完成。
エグゼクスバインのバックパックとよく似てますが、
接続の仕方などが違うのでエグゼクスバインに取り付けることはできません。
ガリルナガンガリルナガン
続いてウィング上部。
ガリルナガン
ちょこちょことグレーを塗装。
ガリルナガン
こんな有様。トライ・スラッシャーのブレードになるパーツは
塗装しないと接続がちょっと緩めかもしれません。
後、根元の肉抜き穴がこの状態だと目につきますな、
ガリルナガン
続いてウィング下側。
ガリルナガン
塗ってからl気づきましたがこのパーツを組み立てると
塗装した箇所がほとんど見えなくなるのがちょいと残念。。
ガリルナガン
ウィング下部完成。
他のパーツと組み合わせてバックパック完成です。

武装
ガリルナガン
トライ・スラッシャー中央パーツ。
裏面が平面なのがもったいない。
ガリルナガン
組立て、ウィングについているブレードを取り付けることで
トライ・スラッシャーになります。
中央パーツは2つ付属してます。
ガリルナガン
バスタックス・ガン。
結構細かく分かれてます。
ガリルナガン
とは言え組立自体は難しくはないです。
ガリルナガン
左右バスタックス・ガン用拳と左手表情付平手。」
ガリルナガン
組み合上げたものの、バスタックス・ガンを持たせるときは
もう一度ばらす必要はあるんですが。

完成
ガリルナガン
S.R.G-Sガリルナガン  本編へ

 

デカール
ガリルナガン
で、ガリルナガン最大の難点が水転写デカールですな。
正直、一度も水転写デカールを貼ったこと無いのでいきなり114枚も貼れって無茶を言われても。
そもそも全塗装したうえで使うことを想定してそうですしな。
ガリルナガン
で、無い知恵絞りました。デカールが無理ならシールにしてしまえと。
デカールをスキャナで取り込み、エーワン ピッタリ貼れるのびるラベル 白 ノーカット 3シートに印刷
色調補正のミスでオリジナルより彩度の高い色になりましたが。
ついでに言えばデカール時の番号の色が白なんで、番号もすべて別の色で打ち直してます。
ガリルナガン
当然、各シールごとに一つ一つデザインナイフで切り出して貼っていきます。
ヴァルヴレイヴのシールも枚数多くて大変でしたが、
それを上回る枚数を切り出していくのは、言わずもがなですな。
で、29番をひざ横に貼るという完成図はあるのですが、
各パーツのどの位置に貼るという具体的なあたりがあるわけではないので、
色々と調整しながらの作業になります。
おまけにウィングなどの平面なら、まだ貼りやすいんですが
膝から脛の曲面に複数のシールを隙間なく貼るとか、修行レベル。
ながら作業でしたがシール作成、貼り付けに10~12時間ぐらいかかったんじゃないかと。
ガリルナガン
で、半身貼ったところ。
決して出来は良いとは言い切れませんが、貼って有るのと無いのでは
出来栄えは大きく違いますな。
正直、シールにして貼ることはお勧めしません。
デカールを貼りたくないけど、エシュ・アナフ・オートは再現したい
という好きな人は頑張ってみればいいじゃない?
というレベルです。

S.R.G-Sガリルナガン  本編へ

inserted by FC2 system