S.R.G-S ガリルナガン レビュー 前篇| 繰府庵フィギュ間

繰府庵トップページフィギュ間

S.R.G-S ガリルナガン
(1/144スケールプラスチックキット)
前編

S.R.G-S ガリルナガン
今回は「第2次スーパーロボット大戦」よりコトブキヤ社製、
S.R.G-S ガリルナガン
を紹介します。
第2次スーパーロボット大戦OGに登場したライバルメカですな。
登場時点で存在していたヒュッケバインをすべて破壊していった憎いやつ。
その後、魔装機神Fでは味方として登場したので何気にエグゼクスバインより出番は多かったり。
ガンダムマーカーやメタルテープでの加工に加え、
キットだとデカールで再現してある「エシュ・アナフ・オート」をシールに作り直して貼ってます。
詳しくは組立編にて。

全身図
ガリルナガンガリルナガン横

なんといってもそのデカいウィングが特徴的。
画像のように真横に出してるとそれほど困りませんが、後ろに動かしてしまうと
当然重心が後ろに行くので、自立が困難になります。


ガリルナガン横ガリルナガン頭横
ヒュッケバインのブレードアンテナを無くして禍々した様なデザイン。
耳の白いところは地場絵で塗装、メインカメラはメタルテープ貼ってます。
ガリルナガン頭正面
正面からだとあまり見えませんが、デュアルアイは塗装済み。

各部
ガリルナガン 腕
ガリルナガン横ガリルナガン頭正面ガリルナガン横ガリルナガンガリルナガン
ガリルナガン
ガリルナガンガリルナガン
ガリルナガン
ガリルナガンガリルナガン
ガリルナガン
立体になることでバックパック本体のデザインなどがエグゼクスバインとそっくりということがわかります。
ちなみにエグゼクスバインの物より大きいので互換性は一切ありません。
いつも通り全身シャープなできばえ特に肩アーマーのエッジや踝のとげなどシャープで指に刺さります。
胴中央のコクピットは赤く塗装済みですが、他の赤いライン「エシュ・アナフ・オート」は
デカールで再現されているので、うまく貼る自信が無かったので
自作したシールを使ってみました。
アップには耐えられない出来ですが、個人的には満足してます。
ちょっと本来の物より色が鮮やかすぎましたが。

可動
ガリルナガン
首は頭側がボールジョイント、胴体側で引き出し式の前後スイング。
引き出さなくてもある程度前後スイングできるようになってます。
ガリルナガン
肩は前後スイング。肩アーマーは別パーツで肩軸に接続。
肘は1軸で90度程度手首はボールジョイント。
ツイン・クローは基部で前後スイング。
ガリルナガン
腰はロール軸のみ。腰アーマーはそれぞれが独自に動きます。
股関節太腿ロールを合わせて3軸。
膝は2重関節ですがご覧の程度が精いっぱい。
いつも通り股下にスタンド対応接続穴がカバー付きであります。
ガリルナガン
足首は引き出すことができるので大きく動きます。
ブレードのついたカバーは足首にボールジョイントで接続されてます。
ガリルナガン
開脚はこの程度
ガリルナガン
ウィングはパーツごとにある程度角度を変えることができます。
右の翼が角度を変えてないもの、左の翼が角度を変えたもの。
ガリルナガン
また基部でも回転でき、下側の翼の接続軸でも回転できます。
組み合わせればいろいろと表情がつけられますが、劇中であまり動かしてる印象が無いのっですが。

武装

ツイン・クロー
基部でスイング可動します。
シャープな出来ですが、基部のバリというかパーティンぐラインが目立つかも。
ガリルナガン
バスタックス・ガン
正式名称ば「バスター・アックス・コンポジット・ガン」
長い砲身です眺めのストックついてますがライフルではなくガン。
まあ、ガンとライフルの定義に関しては門外漢ですので
これ以上語っても恥をかくだけなので言いますまい。
ガリルナガン
ストックを脇の下に入れれば、片腕でも問題なく保持できます。
逆に脇の下に入れてないと、先端の方が大きく重いこともあって保持は困難です。
ガリルナガン
バスタックス・ガン専用の拳。右手用のみ付属してます。
掌には保持用の凸があるのでしっかり持てます。

ガリルナガンガリルナガン
アックスのブレードや各突起もシャープでいたそうです。
ガリルナガン
アックスとして扱うための拳も左手のみ付属。
これも掌の凸をストックのスリットに差し込んで保持するので
保持はしっかりしてるんですがバスタックス・ガンの向きが固定され、
アックスの刃を手首側に向ける向きで持たせることができないのが難点。
ガリルナガン
トライ・スラッシャー
ウィング先端のパーツを取り外して、中央パーツに取り付けて再現。2セット付属。
画像では「エシュ・アナフ・オート」のシール貼る前に撮影してますが、
貼るとトライ・スラッシャー時には消えている赤いラインが出たままになるのがちょっと気になります。
さらに言えばトライ・スラッシャー字は全てのブレードの大きさが同じになるので
ウィングについていたものをそのまま使うとブレードの差がありすぎて気になります。
取り付けの保持力にもやや問題があるので
どうせならブレードは翼から取り外すだけで、
トライ・スラッシャー事態は専用パーツで再現してほしかったなぁ。

その他
ガリルナガン
ガリルナガン
「エシュ・アナフ・オート」を状態をついでに。
部分塗装とメタルテープは貼っている状態ですな。
ガリルナガンガリルナガン
ガリルナガン
ガリルナガン
ガリルナガン
ガリルナガンガリルナガン

ガリルナガン
まあ、「エシュ・アナフ・オート」が有るほうになれると地味な感じはしますが、
ヒュッケバインシリーズのようなカラーリングですな、 外見を似せているだけあって。
黄色なんかが入るともっとヒュッケバインぽくなりますかな。
ガリルナガン
エグゼクスバインと。
同じスケールですので設定通り頭頂高ではガリルナガンの方が頭一つ程度大きいですな。
二機とも武器を支え無しで立たせられるというのは不思議な共通点ですな。

ガリルナガン アクション編へ

ガリルナガン組立編へ

 

S.R.G-S 1/144 エグゼクスバインへ

S.R.G-S ネオ・グランゾンへ

inserted by FC2 system