ミニデフォルメシリーズ コン・バトラーV レビュー |繰府庵フィギュ間

繰府庵トップページフィギュ間

ミニデフォルメシリーズ
コン・バトラーV

ミニデフォルメシリーズ コン・バトラーV
今回は「超電磁ロボコン・バトラーV」よりARTSTORM社製、
ミニデフォルメシリーズ コン・バトラーV
を紹介します。
超電磁ロボコン・バトラーVの主役ロボ、コン・バトラーVがミニデフォルメシリーズにて登場。
デフォルメスタイルで合体可動をこなし、塗装済みの完成品で定価価格という
何とも素敵な一品です。
例によって予約開始から、発売まで何度か延期されましたがやっと発売しましたよ。

パッケージ、内容物
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 横
コンパクトにまとまったパッケージ。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
バトルマシンの状態で梱包され、1弾にまとまっており
説明書は厚めの紙1枚というシンプルな構成です。

バトルマシン
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 頭正面
頭部を担当するバトルジェット
全てのバトルマシン共通ですが操縦席キャノピーはクリアパーツで内側が塗装されています。
機首のアンテナは軟質素材製で破損の危険性は薄いです。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 頭横
ご覧のように顔を隠すような仕組みはないので
底面から見ると剥き出しです。

ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 脚ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 背中
胸から両腕を担当するバトルクラッシャー。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
分離時に薄くなるようなギミックはないので結構分厚いです。

ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
胴体担当のバトルタンク
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ドーザーブレードは収納の都合よりある程度可動します。
なお、クローラーにコロなどはついていないので転がし遊びはできません。
上部アンテナは軟質素材製です。

ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
脚担当のバトルマリン
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
脚部担当ということもあって可動箇所は多いです。

ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
足担当のバトルクラフト
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
タイヤはダミーで動きません。ドリルは収納可能です。

レーッツ、コンバイーン!!
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV
というわけでコンバインです。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
バトルタンクのドーザーブレードは縦に回転させてアームを折りたたみます。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
シンプルに積み重ねるように合体させて
ウィング、クローラーを折りたたみ、バトルクラッシャーのスラスターを取り外し
拳を付けて
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
コンバイン完了です。
手前のパーツが取り外したバトルクラッシャーのスラスターですな。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
特に説明書に記載はありませんが、取り外したスラスターは腕の後ろに取り付けることができます。

コン・バトラーV全身図
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ということでコン・バトラーV全身図。
頭が大きめの3頭身半程度。足も長めなので
ディフォルメスタイルながらもスマートな感じです。

各部
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 

ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
基本成形色ですが、塗装による色分けもされているので
デザインの再現性高いです。

可動とオプション
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
首はボールジョイント、肩は軸とボールジョイントの2重関節。
上腕ロールあり、肘は引き出すことで変形機構も使えて2重関節に。
手首はボールジョイント。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
股関節は縦横可動で下方向に少し引き出すことで可動範囲が広がります。
前方向には60度程度まで可動。開脚は一つ前の画像程度です。
太腿ロールあり、膝1軸で90度程度。
足首は前に大きく動きますが内側への可動はわずかなので接地性にやや難があります。
また、タンクとマリンの接続が少々弱いのか股関節を動かしていると分離しやすいのが難点ですが。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
オプションはツインランサーとそれ用の武器持ち手のみという思い切った構成です。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV 
ご覧のように軸を接続できます。
個人的にはツインランサーより超電磁ヨーヨーを付けてほしかったところですが、
見栄え的には良いのかな。
ミニディフォルメシリーズ コン・バトラーV
クロスシルエットマジンカイザーと比較。
ご覧のように頭一個ぐらい大きく頭頂高13cm程度。

総評
ということで、ミニデフォルメシリーズ コン・バトラーVでした。
このクオリティで低価格なのがちょいとびっくりなものですな。
雰囲気的にはES合金の簡易版という感じで、
関節周りの保持力や強度がちょいと不安なところですが、
気軽に遊べるので良い感じです。

inserted by FC2 system