MODEROID ストレリチア レビュー |繰府庵フィギュ間

繰府庵トップページフィギュ間

MODEROID ストレリチア

MODEROID ストレリチア
今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」よりグッドスマイルカンパニー社製、
MODEROID ストレリチア
を紹介します。
ストレリチアはダーリンインフランキスの主人公機ですな。
パイロットは男女ペアの二人組で男の子がメインパイロット
女の子が制御系(?)を担当しますが、搭乗姿勢が特徴的。
以前バンダイのロボット魂版を紹介していますが、今回はタイトル通りプラモデルのMODEROID版ですな。
墨入れ、装甲裏など一部塗装をガンダムマーカーで行っています。

ストレリチア全身図
ストレリチア
ストレリチア後ストレリチア横
トイことでいつも通り全身図。
ロボット魂版に比べてスマートな大人っぽい等身になってますな。
並べてくらべたらよかったんですが、諸事情でしまい込んでしまったもので。
なおパッケージはシンプルなストレリチアの単身画でした。背景無し。
なお、足首小さいですがご覧のように素立ちぐらいなら何とかできます。

各部
ストレリチア横ストレリチア頭正面
顔、帽子の淵、頬当ての赤いところ、ネクタイの黄色、胸やみぞおちからへそにかけてのラインは塗装済み。
顔は塗装の無いパーツも付いていてそちらを使って、目や口は付属してるシールでも再現できます。
別表情のパーツなど無しです。
右もみあげがゆがんでますが、固定してないためです。
髪の毛、飾りなど頭部のパーツの多くが接着推奨されていますが、
接着したらしたで衝撃を与えたときに簡単に折れそうな太さなので接着してません。
ストレリチア頭横ストレリチア頭正面ストレリチア横
ストレリチア横ストレリチア
ストレリチア
ストレリチア
色分けはシールと塗装、パーツ分けで行われています。
といってもシールは武器の一部と手首ぐらいなんですけどね。

可動とオプション
ストレリチア
可動は首刃ボールジョイントと前後スイング。
肩縦横軸関節、上腕ロールあり、肘2重関節。
手首軸回転+スイング。
関節の保持力はおおむね丁度良いのですが、
上腕のロール固く、肘と前腕の接続がちょっと緩めです。
ストレリチア
肩が前後スイングしますが、胴体は動きません。
腰が黒いラインのところで丸軸で接続されてますが、形状的に干渉するため動きません。
肩アーマーはボールジョイントで接続
ストレリチア
股関節は縦横腿ロールを含めて3軸。
膝は1軸でご覧の程度の可動範囲。
スカートはボールジョイントで太腿に接続され前後のスラスター(?)も
ボールジョイントでスカートに 殺族さrています。
あ、スラスターの黒いところもシールです。
ストレリチア
足首は動きませんが、かかとは可動しします。」
ストレリチアストレリチア
クイーンパイク
柄に溝があり平手のピンで固定できます。
ストレリチア
ケーブルはペンタブルでよく曲がりますが、
曲げた形状で保持できません。
ストレリチア
つっかえ棒は腰左側の穴に取り付けます。
またスタンド対応パーツも同じ個所を使用します。
ストレリチア
クイーンパイクは手首つきグリップに取り替えて保持することができます。
なお、平手とこのグリップ一体型の拳以外拳は付属しません。そう、握りこぶし無し。
ストレリチア
石突の色分けはシールです。
ストレリチア
シールド。こちらも色分けはシールです。
ストレリチア
ボールジョイントで可動します。


まとめ
と言うことで、MODEROID ストレリチアでした。
色分け造形ギミックなどしっかりしており、 プラモデルとしてちゃんとした出来栄えです。
デザイン上仕方ないんですが髪の毛とか強度的に不安な箇所があるのが注意点ですかな。

inserted by FC2 system