繰府庵 感想一言の間ゲーム編

A~、あ~す

せ~わ

ひとこ間 ゲーム編

繰府庵トップページ>ひとこ間ゲーム編

ここでは今まで見てきたものの感想をば連ねていきます。
お勧めだったりそうじゃなかったり、まあいろんなことを書いていきますが、
あくまで個人的な意見なのでそのつもりで付き合ってくんなまし。
あ、ネタバレが有る場合もあるんで嫌いな方は注意されたし。

Saga2 秘法伝説
  ジャンル:ロールプレイング 機種:ゲームボーイ
ゲームボーイ初期に発売された「魔界塔士 Saga」の2。といっても続編というわけではなくフレーバーを共通している別のゲーム。
秘法を守るといって家を出た父を探しに行く主人公。父の影を追いさまざまな世界を渡り、秘法の謎が少しずつ明らかになっていく、というストーリー。
主人公と仲間の種族を人間、エスパー、モンスター、ロボの4種(人間、エスパーには男女の性別あり)から選び、種族によって成長の仕方が違うのがSagaシリーズの特徴で、これもしっかり受け継いでいる。といっても、人間とエスパーの成長は若干似かよってしまったが。
主人公の種族も選べるので父親母親ともに人間なのに主人公はモンスターだったり、メカだったりする場合があるのは、きっと複雑な家庭事情があるのだろう。
中盤まではイベントの密度も濃くのめりこめるのだが、後半のイベントは割りとあっさり気味なのが個人的に残念。
思えば初めてゲーム買うのに注文までしたソフトだったなぁ。結局別の店で見つけて買ったけど。
09年にDSににてリメイクされて発売されることが決定した。 お気に入り度★★★★★。
アクトレイザー
  ジャンル:アクション&シミュレーション 機種:スーパーファミコン
スーファミ初期に発売された2D横スクロールアクションゲーム。だが、 神様となり人々を導き繁栄させると言うシミュレーション要素も持っている。
新しい土地を開拓するには、その地にいる魔物を倒す必要があって、そこで2D横スクロールアクション。倒した後は人々を導き繁栄させ、ライフアップなどのアイテムを発見したりさせる。
基本その繰り返しなのだが、歌など文化が発達しそれが他の地方の問題を解決したりと離れている地方ごとでも、関りあっていくのが良い感じ。
2がでているのだが、シミュレーション要素はバッサリ無くなっているようだ。
現在ではWiiの「バーチャルコンソール」で遊ぶことが出来るようだ。 お気に入り度★★★★。
悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス
  ジャンル:アクション 機種:ニンテンドーDS
2D横スクロールの悪魔城ドラキュラ。第二次大戦中に突如甦った悪魔城の謎をおってジョナサン、シャーロット二人の退魔師ががんばるお話。
アイテム装備、スキル、レベルアップとRPG的な要素を含んでいるのでアクション苦手な方でもキャラクターを鍛えてやればクリアしやすくなるので、へっぽこゲーマーなワシでも安心。
今回は城の中だけではなく、砂漠や霧の街などマップの変化に富んでて飽きないつくりが好ましい。
収拾要素やクリア後の追加シナリオなどあって結構遊びがいのあるゲームですが、基本的にタッチペンは使わない。 お気に入り度★★★★。
悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架
 ジャンル:アクション 機種:ニンテンドーDS
DSのドラキュラ第1段。上記の前にでたもので、システム的にも時代的にもちょっと違う。
時代背景はドラキュラシリーズでは珍しい近未来の2036年。うん、まあ、ストーリーには近未来の感じはまったくないんですけどね。
アイテム装備、スキル、レベルアップとRPG的な要素は、ここ最近の2D悪魔城ドラキュラ共通で蒼月の十字架独自の要素は前作「暁の円舞曲」のものをパワーアップさせた「タクティカルソウルシステム」
これは倒したモンスターの魂を回収して特殊能力を手に入れるというシステムで、持っていると便利なものからなかなか手に入らないものまで多種多様で、これを全てコンプリートするというやりこみ要素も非常に強いので、やりこみ要素も高いです。
「ギャラリー~」と違いボスを封印するのにタッチペンを使うのでちょっとめんどくさい。
お気に入り度★★★★。
アドヴァンスド・ヴァリアブル・ジオ
ジャンル:対戦格闘 機種:プレイステーション
下記のゲームの移植なのだが、正確に言うとPCエンジン版の移植。
移植度はスーファミ版と比べ物にならないが、それでもPCエンジン版に毛が生えた程度のでき。
当時としても格ゲーとして目新しいものがあるわけではなく、PS初期の彩としての意味合いしかない。
とはいえ、SFC版、PCE版に比べパワーアップはしており、格闘ゲームとしての基本的な 要素はあるので当時はそれなりに楽しめた。
のちにサービスショットの追加されたセガサターン版が発売されるが、 そのグラフィックが増えているだけで、システム的な変更はない。 お気に入り度★★★。
アドヴァンスド・ヴァリアブル・ジオ2
  ジャンル:対戦格闘 機種:プレイステーション
上記のゲームの完全新作な続編。新たな主人公を含め4人のキャラを追加し、 グラフィックも完全新造。
格闘ゲームとしてのバランスも良く演出も派手。ストーリーモード、1Pモード、練習、対戦 と格ゲーとして問題の無いできになっている。
ストーリーモードでも条件のある戦闘など工夫が凝らしてあり、挿入されるイベントグラフィックも 高水準でなかなか良い感じである。
ちなみにパソコン版でも「ヴァリアブル・ジオ2」が出ているが、 追加キャラを含め完全に別物。 お気に入り度★★★★。
アランウェイク
  ジャンル:アクションアドベンチャー  機種:X-BOX360
ベストセラー小説家アランウェイクはスランプに陥り、奥さんにつれられて田舎町へ気分転換へ。
次に気付いたときには車で事故って奥さん行方不明。しかも1週間たってるし。
助けを求めようと山道をうろつくと書いた覚えのない自分の小説のページが行く先々に落ちていて、しかも闇に取り付かれた人々が自分を襲ってきて、訳のわからないままストーリーへ引き込まれていきます。
謎が謎を呼ぶストーリー、絶妙なバランスの戦闘システム、使い勝手の良い操作感、無理のない実績設定と実に良い感じです。
戦闘もアクションアドベンチャーにありがちな、「敵出現→銃で撃つ」ではなく、出てきた敵にはそのままでは銃撃が一切通じず、出てくる敵は「闇」に作り出された存在で明かりで闇を払うことによりはじめて攻撃が通じるようになるという、単調にならないように工夫が施されてて良い感じ。
ちなみにアメリカ産なんでエンディングはあまり日本人に納得できない感じかも。
お気に入り度★★★★★。記100721
アランドラ
ジャンル:アクションRPG 機種:プレイステーション
プレイステーション初期のゼルダの伝説タイプのアクションRPGで 手ごたえのある謎解き、じっくり描き込まれた滑らかなグラフィック、重厚なストーリーなど 実に良いできのゲームだったが、セールス的には今ひとつ。まあ、若干操作性にも難があったしな。
隠し要素もそれなりにあり、最たるものは「最強の剣は一定以上死んで無いと手に入らない」といったかんじか、 まあ無くてもクリアに困らないのだが。
ちなみにクリアするといきなり(今までそんなそぶりも無かった)アニメシーンが挿入されるので結構驚く。
お気に入り度★★★★。
アレサ
  ジャンル:RPG 機種:ゲームボーイ
ゲームボーイ比較的初期の見下ろし型ファンタジーRPGで 当時ではまだ珍しかったフィールド上での斜め移動が可能だった。
開始直後、装備を整えるため借金をする必要があるのだが、 ぶっちゃけ催促も無いので、クリアするまで借りっぱなし。(借りた物はちゃんと返しましょう。)
また、中盤で敵の出現を抑える魔法が手に入るのだが、 敵の強さに関係なく全ての敵の出現を封じるため、 頼りすぎた挙句ボス戦で苦労したことをココで報告しとこう。
お気に入り度★★★。
インファマス
  ジャンル:アクションアドベンチャー 機種:PS3
街の住民が死滅するほどの変な爆発事故に巻き込まれ、生き延びたにもかかわらず、驚異的な身体能力と放電能力を得てしまった主人公コール君が、いやいやながら事件の真相追うお話。
と言うことでいわゆる洋ゲーなんですが、素晴らしいですよこれ。
いわゆるヒーローになってオープンワールドを楽しむゲームですが、視点は第3者目線。一人称視点でないので、周りの状況が把握しやすいのは良いところ。
きっちり作られた町の風景はリアルでかなり広く、それなのにメインストーリーが進行するイベント以外でロード画面が無いのが驚き&快適。サブイベントも多数用意してあるんですが、それらもロード画面無しでそのまま進行するのが凄い。
ストーリーも徐々に盛り上がっていき、その都度パワーアップしていくところもまた面白い。
行動次第で、善悪の属性が変り、住民の態度や使える技の効果が変るのも良い感じ。悪人だと通行人から石投げられてダメージ喰らうんですよ。
アクション面でも難易度設定が好きなタイミングで変更できるのも親切設計。
難点を挙げれば日本語対応が字幕のみのところ。2ではちゃんと吹き替えしてあるんですけどね。 お気に入り度★★★★。記111207
ウォーキング・デッド
  ジャンル:アドベンチャー 機種:PS3
同名ドラマと世界観を同じくした3Dアドベンチャーゲーム。見た目は3DCG(アメコミ調)で表現されてますが、やってることは昔ながらのアドベンチャーゲーム。マップをうろつけるときは、怪しいところを調べて、イベントでは選択肢を選ぶことでストーリーが変化していく。
で、その選んだ選択肢でシナリオが変化するマルチシナリオなんだけれども、どんな展開でもエンディングはほぼ一緒。若干違うらしいんですがね。
選択肢の選び方によってともに行動する人が助けてくれたり、あるいはその人自体がその場に居なくなったりと結構繰り返し遊べる要素がありながら、普通に1周クリアするだけですべてのトロフィーが手に入るトロフィー厨にはありがたい仕様のため、2周目以降をあまり遊ぶ気がなくなってしまったり。
タイトル通りゾンビものなんですが、Z指定になるだけあって破壊表現がなかなか凄惨なことになってます。冒頭からハンマーでゾンビを殴るシーンがあるんですが、何度も殴られている頭を中心に最初から最後まできっちり表示するというありさま。日本だととどめぐらいフレームアウトした表現をするんですけどね。しかも、その一連のアクションが子供の目の前で展開されるという、ホラー映画慣れしたワシでも引く状況ですよ。
若干アクションシーンがあったり、素早い判断が必要だったりすることもありますが、アクションが得意でない人も安心して遊べるので、ゾンビゲームは遊びたいけれどもアクションが苦手という人にはお勧め。
お気に入り度★★★。記130326
エターナルアルカディア
  ジャンル:RPG 機種:ドリームキャスト
海賊RPG!とはいっても実は「空賊」だったりするが。
自由を求め帝国に反旗を翻す空賊の熱く激しい物語を描いた正統派RPGで、 世界に散らばる遺跡を発見したり、自分の船を強化したりと海賊テイスト満載なのだ。
乗組員のチョイスで、船の能力が変わったり、プレイヤーの行動で称号が変わったりとやりこみ要素も 多数存在する。個人的には船の改造をもっとガッツリしたいところなのだが、その辺はあっさり目。
、 ゲームキューブにもイベントを追加して移植されてるので、今からやるならそちらをお勧めする。 WIⅰも出るしね。  お気に入り度★★★★。
黄金の太陽 開かれし封印
  ジャンル:RPG
機種:ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイアドバンス初期の見下ろし型ファンタジーRPGで、 魔法=超能力みたいな世界観で主人公たちとごく一部の人間しか使えないという設定。
各地に散らばる精霊のような「ジン」を集めて装備することでクラスが変わり能力も変化、 そのバリエーションも実に多彩。
パズル要素のあるダンジョンといい、クリア後の隠しダンジョンといい実にワシ好みの名作である。
ぶっちゃけ、ストーリーが続編に繋がるのだが、発売すぐに公表されたので 良しとしておこう。
お気に入り度★★★★。
黄金の太陽 失われし時代
  ジャンル:RPG
機種:ゲームボーイアドバンス
上記の続編。データの引継ぎが出来るのだが、通信ケーブルと 2台目の本体がない限りはパスワードでデータ引継ぎ。260文字くらい。
面白いのだが、正直なところ他のゲームをやる為にクリア直前で1年以上放置。 ええ、ストーリーはすっかり忘れてしまいましたヨ(仕様です)
とりあえず、最強の召喚獣を手に入れたら、試す相手がいないと言う、ソレくらいその召喚獣を守ってる敵が強い。 強すぎですヨ。もうラスボスの10倍くらい。
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
  ジャンル:RPG 機種:ニンテンドーDS
上記の続編。舞台は30年後の世界。前作の主人公の息子たちが今作の主人公。
基本システムはシリーズものなんでまったく一緒。でもタッチペンで操作出来るのでダンジョンのギミックの幅が広がっているのが今作の売り。
GBAからDSに変った分、グラフィックが大幅にパワーアップしているのもよく、特に精霊召喚シーンはなかなかの見ごたえ。
とは言えゲーム全体のボリューム的にはそんなに変っておらず、少々物足らない感じがするのも確か。
登場している要素全てが、ゲーム内で消化しきれていないかんじで、名前しか出ない人も多数。
どうにも続編が出るような雰囲気を残してシナリオ終了。いや、ちゃんと完結してますよ。ゲーム内でおきた事件は一通り解決するし、ただいろんなキャラがゲーム内で出てない所で活躍してるような感じを受けるわけです。
続編が出るなら、ちゃんとDSで出してくれることを期待します。下手に3DSで発売とかは止めていただきたい。 お気に入り度★★★★。記101211
ガーディアンヒーローズ
  ジャンル:アクション 機種:セガサターン
ファンタジー横スクロール格闘アクションの雄。
6人の個性的な冒険者たちが、伝説の剣を巡って魔導帝国と戦いを繰り広げるお話。
選択肢により、ストーリー、エンディングが変わり、レベルアップにより、 使用キャラも成長するイカスゲーム。
ストーリーモードでは最大6名のキャラから選んで進み、固有イベントがあるキャラもある。
横スクロールアクショントといっても、攻撃パターンはキャラごとに実に様々。格闘ゲームのようにコマンド入力による必殺技も多数あり、マルチストーリー、マルチエンディングと相成って飽きずに何度でも遊べる良作。
新しく最初から始めると前に成長させたキャラも低レベルから再スタートになるのはちょいと寂しいが、比較的LVもサクサク上がり、バランスを考えると当然の仕様かと。
対戦モードでは敵キャラを含め、攻撃手段を持たない村人まで使え、最大6人まで同時対戦が可能なのが凄い。友達多くても安心。
お気に入り度★★★★★。110525追記
ガイアマスター
  ジャンル:ボードゲーム
機種:プレイステーション
一言で言うとファンタジー風のモノポリー。
普通のモノポリーともっとも違う点は、 戦闘を仕掛けて人の持っている物件を奪い取れるところ。
キャラごとに特殊能力が付いており、 戦闘に役立つ物やマップ上で役に立つ物とさまざまなタイプがあるのも良い感じ。
対戦のほか、各キャラごとにストーリーモードがあるのだが、 長くて全キャラクリアするには結構根気が要る。
お気に入り度★★★★★。
改造町人シュビビンマン
  ジャンル:横スクロールアクション   機種:PCエンジンHuカード

今更PCエンジンのゲームを紹介するわけは、最近になってレトロフリークで再び遊んだからです。
大丈夫、バーチャルコンソールなどでも遊べますよ。


何が悲しゅうて魚屋の青年が改造されて主役を張らんといかんのですか?
ちなみに2P同時プレイ可能でもう一人の主人公は女子高生キャピ子。
そんな二人が無断で豪徳寺博士に改造され、町を襲う悪の組織に対抗するお話。

いわゆるサイドビュータイプの攻撃手段有りの横スクロールアクションゲームで難易度としては当時基準で普通かと。
マップは全15マップで選択式なので最短4マップでクリア可能。ただ、マップをクリアすることでパワーアップすることができるのが、様々なマップを攻略する利点ですな。
面白いパワーアップは「シュビビーム」という遠距離攻撃を可能にするためには、交番のマップを攻略して発砲許可証を手に入れないといけないという。その他のパワーアップはHPや装甲攻撃力の増加など。

一つのマップの長さは短めで、マップの最後にボスと対決することに。ただ、容量の関係か雑魚キャラもボスもそれぞれ数種類しか用意されていないのが残念な所か。
それでもラスボスはダメージを受けると装甲が剥がれ落ちる演出がされるなどなかなか頑張っているかと思います。

合成音声がなかなか頑張っており、攻撃したりダメージを受けたりするとしゃべるのがなかなか楽しいゲームで全体的にコミカルな作りになっているのも合わせて気軽に楽しめるかと。
PCエンジンで3作発売されスーパーファミコンで末期にシュビビンマン零が発売される予定だったが、延期につき延期で最後はサテラビューによる配信だったという有様だったのが残念。
と、調べてみると非売品だがカートリッジも存在している模様。凄いプレミアついてるが。
PCエンジン版3作はバーチャルコンソールなどで遊べる機会があるが、ゼロに関してはそういった機械が無いのが残念。

お気に入り度★★★★★。記:160622
かまいたちの夜
  ジャンル:サウンドノベル
機種:スーパーファミコン
「サウンドノベル」と言うジャンルを一躍有名にした、テキスト系アドベンチャーゲーム。このゲームの人気により世の中に数多くのサウンドノベルが発売されることになる。
当時友達から借りたのだが、いわく「怖すぎて遊べない」…何故買った?
ストーリー的には冬の山荘で起こる密室殺人事件がメインの話。その他おまけシナリオもありたいそう楽しむことが出来た。
シナリオ担当の安孫子武丸氏の小説にはまり込み、読み漁ったなぁ当時。個人的には「殺戮にいたる病」が一番好きだったりする。
後にPSなどで低価格でリメイクされているので、今でも遊びやすいゲームだと思う。
お気に入り度★★★★。
塊魂
  ジャンル:アクション 機種:プレイステーション2
王子といわれる身長5センチのキャラを操っていたるところに転がるモノをくっつけ集めて、条件にあった塊を作り出すのが目的のアクションゲーム。
ちなみに集めた塊は王様が星にする。具体的に言うと王様が酒に飲まれてやんちゃして消えていった星の代わりに星になる。
そんなこんなで真の主役は王様なゲーム。
ファンキーなデザインとファンキーな音楽がマッチしたシュールでイカスゲーム。 続編も続々登場。
お気に入り度★★★★。
銃夢
  ジャンル:アクションRPG 機種:プレイステーション
同名漫画のゲーム版。主人公ガリィを操り、賞金首を狩ったりDrノヴァを追ったりする。
割と忠実に原作を再現しているが、いかんせんプレイステーションの能力では退廃的なサイバーパンクの世界を再現しきれるはずもなく、正直ポリゴンはしょっぱい。
原作終了時点でゲームも終了するかと思いきや、宇宙に出て故郷である火星にまで行って大暴れ。衝撃的なエンディングはファンなら必見。
お気に入り度★★★。
クイーンズブレイド スパイラルカオス
  ジャンル:シミュレーションRPG
機種:プレイステーションポータブル
ビジュアルゲームブックシリーズ「クイーンズブレイド」のキャラクターを使ったシミュレーションRPG。
戦闘シーン、システム的にはスパロボそっくり。2Dドットで描かれたキャラたちが派手にコンボを決めていきます。 
キャラクターたちの鎧を破壊することができるというシステムも、一見脱衣ゲームの色物に見えますが、破壊した部位の数により経験値が増えたり、入手できるアイテムが変わってきたりとちゃんと「ゲーム」として盛り込まれてます。まあ、下手な脱衣麻雀よりエロ~イと思いますが。
一見ギャルゲーに見えますが意外としっかりしたシミュレーションRPGでシナリオ分岐もありなかなか遊び応えがあります。チチユレスキーなスパロボファンならすんなり楽しめるかと。 お気に入り度★★★★★。記100110
クイーンズゲイト スパイラルカオス
  ジャンル:シミュレーションRPG
機種:プレイステーションポータブル
上記のQBスパイラルカオスの続編。基本的にシステムほぼそのままですが、クイーンズゲイトのキャラを加え、キャラクター、シナリオ共に大幅にボリュームアップ。
協力攻撃など新システムも追加されてますが、説明書にほとんど表記が無いのが難点。1度クリアしましたが、最後まで使い方のわからないシステムがあったりするんで困りもんです。
色々とやりこみ要素もあるんで、遊び応えのゲームになっていると思います。 お気に入り度★★★★。記100110
QUIZなないろDREAMS 虹色町の奇跡
  ジャンル:クイズ  機種:セガサターン
ゲーム自体はオーソドックスなクイズゲームで、出題ジャンルも今となっては懐かしいものも多いが、 偏ってなくバランスが取れていると思う。
そんなクイズゲームに恋愛要素が組み合わされているわけで、 ヒロインたちから出題される問題の答えたジャンルにより、好感度が変化するというシステム。 まあ、そんなに答えたジャンルによって差が出るようでもない様なのだが。
ちなみにプレイステーション版も発売されているが、若干内容が違うという噂も聞いたが定かではない。 現在ではケータイでも遊べるようだ。
お気に入り度★★★★。
クリムゾンティアーズ
  ジャンル:アクションRPG
機種:プレイステーション2
不思議のダンジョン系の入るたびにダンジョンが変わるRPGで、 格闘ゲームのようなアクションを駆使して制覇していく。
レベルアップ、武器の入手、強化などやりこみ要素はあるが いかんせん単調なところが、残念。
ダンジョンは全7種で、最深層でボスが出る以外はトラップと雑魚戦闘以外のギミックは無く単調。で、どのダンジョンも敵、背景、トラップの違い位しかないのが最大の弱点。
あまり緊張感が有ると言う感じ感じでもなく。LVアップ、武器の強化をしていればアクションが苦手な人でもできるレベル。
サブミッションも有るには有るのだが、基本「アイテムを拾ってこい」と「一定時間内にダンジョンクリアして来い」の2種しかないのが残念。
使えるキャラクターは3人おり、それぞれのキャラでしか使えない武器もありそれなりに差別化はしてある。隠しコスチュームも有ったりする。
いろんな意味でもうちょっと頑張ったらよいゲームになっていたと思う。
お気に入り度★★★。
クロス探偵物語
  ジャンル:アドベンチャー
機種:セガサターン/プレイステーション
昔ながらのシステムの探偵アドベンチャー。重厚なシナリオが織り成すストーリーは面白く、 グラフィックも秀逸。
主人公黒須剣が、高校卒業後探偵事務所に就職するシナリオ1から全部で7本のシナリオを楽しめる。
まあ、今となっては若干シナリオの古臭さを感じるが、 というかその時差のせいでシナリオ1の謎が解けなかったりする今日この頃。
PS版では前後編に分かれた低価格版も発売されているので、今から入手するならそのほうが良いかも。
売れ行きを考えれば続編が出てもおかしくないのだが…。 お気に入り度★★★★★。
黒の断章
  ジャンル:アドベンチャー 機種:セガサターン
昔ながらのシステムの探偵アドベンチャー。重厚なシナリオが織り成すストーリーは面白く、グラフィックも秀逸。
元はパソゲーでサターンの発売でも18歳以上推奨発売やったけど、そうエロくはない。むしろ残酷シーンのほうがインパクトがある。クトゥルフ神話をもとしているから当然といえば当然である。
残念ながらフルボイスではないのだが、結構よく喋る。後編の舞台はアメリカなのだが、アメリカ人のキャラのボイスはちゃんと英語、字幕は日本語。その辺が雰囲気をより盛り上げてると思うデス。 お気に入り度★★★★。
ゲッターロボ大決戦
  ジャンル:シミュレーションRPG 
機種:プレイステーション
主に漫画版のゲッターロボシリーズを主軸にしたシミュレーションRPG。
ゲッターロボ、ゲッターロボG、ゲッターロボゴウ、真ゲッターロボはもちろん、オリジナルゲッターとして女性型ゲッターの「ゲッター斬」予備パーツで作り出された「ブラックゲッター」そして人型の「真ドラゴン」とファンにはたまらないラインナップ。
戦闘シーンはフルポリゴンで表現され大迫力。同じゲッターでもパイロットの乗り換えにより大幅に能力が変化。マップ数はそう多くない物のかなり楽しめる内容になっていると思います。  お気に入り度★★★★★。
幻想水滸伝5
  ジャンル:RPG 機種:プレイステーション
108人の仲間を集めることのできるRPG第5弾。
プレステででた1,2はやったことがあるがPS2のシリーズをプレイするのはコレが始めて。
シナリオ、グラフィックシステムともに良くできているが、後半で戦闘に飽きる、フィールドが広いワリには高速ダッシュできるのは終盤、演出が少々地味、などの欠点がある。
とくに通常イベントシーンで遠景のままキャラたちが相談したり、戦闘シーンが基本的に視点固定なのがもったいない。せっかくポリゴンキャラなんだから、もっとアングルをいじれるようにしていただきたかった。
お気に入り度★★★★。
コットン100%
  ジャンル:シューティング 機種:スーパーファミコン
食いしん坊な魔法使いコットンが秘宝WIRROWを求めて大暴れするシューティング。
元はアーケードのシューティングらしいのだが移植の際に大幅に要素が削減されてる模様。
シューティングとしての難易度は中程度。 へっぽこシューターなワタクシでもクリアできる安心設計。
お気に入り度★★★。
コットン2
  ジャンル:シューティング 機種:セガサターン
食いしん坊な魔法使いコットンが秘宝WIRROWを求めて大暴れするファンタジーシューティングの続編。
元はアーケードのシューティングで、1と違いほぼそのままの移植の模様。
前作と大きく違ったシステムとして、格闘ゲームのようにコマンド入力によって特殊弾の発射が出来ること。
今回は2P同時プレイも可能でライバルキャラのパンプキンが使用可能となっている。
お気に入り度★★★★。
攻殻機動隊
  ジャンル:アクションシューティング 
機種:プレイステーション
攻殻機動隊を元にした3Dアクションシューティングで、プレイヤーは公安9課の新人としてフチコマを操る。
画面上の主人公機はずっとフチコマで、壁、天井いたるところにへばりついて行動ができると言うのがこのゲームの最大の売り。
まあ、そのせいで視点がぐりぐり動くので3D酔いしやすいのが最大の欠点でもある。だがそこが良い!
雰囲気がかなり原作に忠実に作られているので、アニメシーンでは原作に忠実なキャラが動いていて良い感じ。
PS中期のソフトでデュアルショックに対応してないはずなのだが、デュアルショックコントローラーで遊ぶと振動機能があってびっくりする。アナログ入力には対応してないが。
なお、ストーリーモードのほかにプラクティスモードがあり、その結果により、評価アニメが違うのもやりこみ度が高くてよい。 お気に入り度★★★★★。
サガ2 秘法伝説 GODDESS OF DESTINY
  ジャンル:ロールプレイング 
機種:ニンテンドーDS
上記のSaga2 秘法伝説をのフルリメイク版。メインストーリーをそのままにサブクエストを大幅追加。で、サブタイトルにも有るように女神分が大幅に増えてます。詳しくは公式HPで
さて、今回3Dポリゴンになったことでキャラクターの表現力が大幅にアップ。主人公達の決定も各種族に4種のデザインに4つのカラーバリエーションで、キャラ作成の段階で目移りします。
その後も使い方次第でいろんなパターンのキャラクターを作ることが出来るので、実に面白い。
さらに初代では同じ種族のモンスター(ミニドラゴン、ヤングドラゴン)はデザインがまったく同じで名前とデータだけが違うという感じだったのが、今回はほぼ全て別デザイン。それが何十種といるので全てのモデルを見るのも目標となりえます。
パーティ内での人間関係によりチーム称号が変わり、それによって起こるサブクエストが代わってくるのも面白い。
様々なやりこみ要素、状況によって変わるイベント実にサガシリーズらしいゲームになってます。 お気に入り度★★★★★。 記091001
サガ3 時空の覇者 SHADOW OR LIGHT
  ジャンル:ロールプレイング 
機種:ニンテンドーDS
ゲームボーイソフト、サガ3時空の覇者のリメイク版。
サガシリーズにしては普通のRPGのシステムだったサガ3ですが、この度のリメイクで上記のサガ2 秘法伝説 GODのものをベースに、よりパワーアップしたシステムを実装。名実共にサガシリーズの最新作と言って良い出来になった。
特にパワーアップしたと感じるのが成長システム。旧作ではLV制だった成長が、戦闘中に取った行動によってステータスが随時上昇するようになった。戦闘中でもどんどん強くなっていくのが良い感じ。
旧作でもモンスターの肉を食べたり、ねじを取り付けることで、人間からモンスターやロボットへ変身するシステムだったが、各種族ごとに成長しやすいステータスや得意とする攻撃方法を設定することでさらに奥深くなってます。
今回もメインストーリーをそのままにサブクエストを大幅追加。発掘やモンスター退治などを始めキャラクターの背景を掘り下げる物や、メインストーリーに関わる物まで実に多く、やり応えたっぷり。
様々なやりこみ要素、選択によって変わるイベント実にサガシリーズらしいゲームになってます。 お気に入り度★★★★★。 記110409
三国志X
 ジャンル:シミュレーション 機種:プレイステーション2
コーエーの歴史シミュレーション三国志の第10段。
基本的にこの手の歴史シミュレーションはたいていプレイヤーは君主として一群を率いて全国制覇を目指すのだが、三国志Xではただの武将としてプレイできるのが特徴。
ただひたすらに全国漫遊してみたり、いろんな国を渡り歩いたり、裏切りに次ぐ裏切りで、下克上をしてみたり、名臣として君主を支えたり、当然君主として、部下を率い全国制覇をしたりもできます。
やりたいように三国志の世界を楽しむことが出来ます。当然オリジナルキャラクターを作り、登場させて有名武将と義兄弟になったり、有名武将として歴史的な連続イベントを楽しむも良し。思わず時間を忘れて遊んでしまいます。
個人的にこの手のシミュレーションを本腰入れて遊ぶのは初めてだったんだが、うっといくらいのチュートリアルで初心者も安心サポート。
残念な点を言えば、一部のイベントを除いてゲーム中に結婚が出来ないことが残念。せっかく三国志の世界で人生楽しめるのに、代々受け継いでいくことが出来ないのはちょいと寂しい。武将作成時に伴侶を設定することはできるんですが。
お気に入り度★★★★★。 記100415
サンライズワールドウォー
  ジャンル:SRPG 
機種:プレイステーション2
このゲームをクリアして思うことは「騙された!」の一言。
ぶっちゃけシナリオが「つづく」で終わる。 そして発売後2年たつ今でも続編が発表されない。 システムは結構良いだけにもう!
「サンライズ作品40作が参加」とか何とか言ってますが、シナリオに絡んでくるのは10作品くらいな物。
他のやつは本編終了後のおまけモードのみの出番になります。 サンライズインタラクティブはいつもこうだな。
サンライズ作品が大好きな人以外やっちゃ駄目です。つーか、ダメダメです。 お気に入り度★★。
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風
  ジャンル:アクション 
機種:プレイステーション2
ジョジョの奇妙な冒険第5部をゲーム化。効果音、グラフィック何から何までジョジョっぽい。
ジョジョ好きなら買って損の無い出来。まあ何故第5部なのかという謎は残るが。
アクションゲームにありがちないっぺんクリアしたら終わりということが無いように、 各面ごとにやりこみ要素や、コレクションモードなど用意されており、ゲームとしてもなかなか良い出来かと。 お気に入り度★★★★。
ジルオール インフィニット プラス
  ジャンル:RPG 機種:プレイステーションポータブル
PSからリメイクを繰り返したジルオールの最終版(12年9月時点)。
コマンドタイプの昔ながらのRPGだが、特徴はフリーシナリオ、マルチエンドRPGと言うこと。主人公は冒険者となって大陸をうろつき、いろんな事件に関わっていくわけですな。
当然進め方によって関わるイベントも変われば、仲間との友好度の違いによってエンディングも変わってくるわけで、何度と無く繰り返し遊べる、というかエンディングが30種超有るので全部見ようと思うとなかなか大変です。
リメイクするたびにイベントが増え、バランスも調整されているようで、さらに携帯機と言うことで気軽に長く遊べるのが、非情に素晴らしい。
ちなみにこれの前日談にあたるのがトリニティ ジルオール ゼロ ですな。
お気に入り度★★★★★。 記120908
神魂合体ゴーダンナー!!
  
ジャンル:対戦アクション 
機種:プレイステーション2
同名のアニメ原作の3D対戦格闘アクションゲーム。格闘ゲームというには少々大味。
操作方法はシンプルながら、そこそこ難易度は高いかも。とりあえず、アニメに出てきたロボの 8割は出ているが、それでも使用キャラが少ない。
基本的なサバイバルモードなどの格闘ゲームとしての様々なモードは用意してあるが、そうボリュームは多くない。
せっかく、ロボット以外にもパイロットのポリゴンモデルがあるのだから、 それを使った対戦もできると良かったのだが。モーションは乗っているロボット同じで良いから。
とりあえず、アニメのファーストシーズンのダイジェストDVDがセットになっている。 お気に入り度★★★。
新世紀エヴァンゲリオン2
 ジャンル:アドベンチャー 
機種:プレイステーション2
エヴァンゲリオンの世界をそのまんま体験できるように作られたアドベンチャー。
最初はシンジなって第三新東京都市をうろつくわけですが、行動の仕方によって原作とは違うIFの話になったりならなかったり。
クリアすると、アスカや他のキャラクターの立場でプレイできたりする。
使途との戦闘シーンはシミュレーションゲームなってて、それなりに歯ごたえのある内容だが、基本的なアドベンチャーシーンが他のキャラを探して、会話してといったことの繰り返しなのでまだるい。
繰り返しいろんなキャラで遊びこむのが目的のゲームと思われるが、その前に飽きた。エヴァを心底好きと言う人には面白いかも。
お気に入り度★★★。
新世代ロボット戦記 ブレイブサーガ
 ジャンル:シミュレーションRPG
機種:プレイステーション
タカラスポンサーのサンライズロボットアニメの集結によるS・RPG。ガオガイガーをのぞく勇者シリーズとダグラム、ボトムズ、ガリアンとそれにオリジナルの勇者「勇者聖戦バーンガーン」を加えて物語りは展開する。
バーンガーンのストーリーをメインに各勇者のクロスオーバーを加えたストーリーだが、ダグラム、ボトムズ、ガリアンはスポット参戦のみ。
各ロボットの合体シーンは当時のアニメシーンを取り込み、演出的には良い出来だったが、システム的にはやりにくさが目立った。
お気に入り度★★★。
真・女神転生(PS版)
  ジャンル:RPG  機種:プレイステーション
スーパーファミコンの名作RPG「真・女神転生」のリメイク版。基本的ストーリーはSFC版そのままだが、システム周りは真女神転生IIにあわしてあるものの、悪魔合体システムは初代のシステムのまま。良くも悪くもシンプルな作りです。
グラフィックも書き直されているが、悪魔デザイン自体はそのまんま。リメイク当初ネコマタとか新デザインが公開されていたけれど、新デザインの方になっていないのがなんとも残念。
戦闘バランスがSFC版とリメイク版を選べるようになっており、SFC版のバランスが凄い凄い。 笑っちゃうほどポンポン敵が出てくる。当時はこのバランスを普通に遊んでいたんだなぁ。だがそれが良い!
現在PSゲームアイカイブスでダウンロード購入してPSPやPS3で遊べるのだが、ロード無しで遊ぶことが出来るので非常に快適。ゲーム容量が60Mしかないのはびっくりだが。
お気に入り度★★★★。記110723
真・女神転生NINE
  ジャンル:RPG  機種:X-BOX
当時オンライン版も出る予定だったが、ペケ箱の想像を上回る不振っぷりに立ち消え。
システムにはかなり今までのシリーズと違い、マニアックな方向というか、複雑に進化している。
その複雑さゆえに、クリアするにはそれなりの根気がいるかと。慣れれば面白いんだが。 かく言うワシもいまだにクリアしていない。
グラフィックは綺麗なのだが、全体的に遠景で戦闘中の文字も小さいので見難い。
お気に入り度★★★。
真・女神転生 ストレンジ・ジャーニー
  ジャンル:RPG  機種:ニンテンドーDS
開発者からして真女神転生4になりえたと言わしめた正統派メガテン。4にならなかったのは主舞台が東京じゃないとかそんなわずかな違いだそうです。
システム的には3ではなくデビルサマナーソウルハッカーズからの進化と言った感じで、登場する悪魔の面子的にもデビルサマナーシリーズ系。
詳しい世界観、システムは公式サイトを見ていただいたほうが判りやすいのではしょりますが、今回悪魔合体に3進合体が無くなり変わりに、今までもわずかに有った特殊合体が独立して別の合体方法になった。2~5体ぐらいの特定悪魔を合体させて1種の特定悪魔を作り上げるという奴で、ボスとして出てくる悪魔など特殊な悪魔がその合体方法のみで仲間に出来るようになってます。
グラフィックなども基本2D表記で見劣りすることも無く、仲魔にした悪魔はバストアップでステータス画面に表記されるのが非常に良い感じです。
シナリオシステムやりこみ要素など非常に質が高く、思わず時間を忘れてプレイしてしまうゲームですが、唯一の弱点は説明書に乗っている悪魔合体表が役に立たないこと。全種族の半分ほどしか表記されてない上によく使う種族ですら表記されてないので使い物になりません。  お気に入り度★★★★★。記091028
真・女神転生3
  ジャンル:RPG  機種:プレイステーション2
長年沈黙を続けていた真女神転生シリーズのしばらくぶりのナンバリングタイトル(発売当初)
システムは大きく変化しており、画面が3Dポリゴンで構成されているのが見た目的に大きな変化。
さらに大きな変更点は、主人公が今までのシリーズは魔法などを使うことが出来なかったのが、「マガタマ」という物を取り込むことで、様々な特殊能力を使えるようになった。
まあ、「人修羅」という悪魔になっちゃうんですけどね、主人公。
それでも悪魔を仲間にして使いまわすのは変らないので、悪魔をナンパしまくりです。
でも、会話パターンはデビルサマナーシリーズに比べて単調なのがちょいと残念ですな。 お気に入り度★★★★★。記110625
真・女神転生4
  ジャンル:RPG  機種:ニンテンドー3DS
真女神転生シリーズのしばらくぶりのナンバリングタイトル(発売当初)。
シリーズとしては、リメイク版ソウルハッカーズ以来ですが、 システムはストレンジジャーニー真メガテン3を足した感じですな。実に面白いです。
まあ、多事笑論でも書いてるんでそちらを見ていただければ。
とりあえず、1週目はニュートラルルートでクリアしましたが、プレイ時間90時間程度。いろいろ寄り道もたんまりして、合体もしっかりして、でも特別レベルアップ作業はしてないですな
2週目限定や、別ルート限定のイベントとかあるので、全ての謎を解くにはどれほどの時間がかかるだろうか。
結局主人公は常時スキルは覚えることが出来ませんが、行動型スキルは一通り覚えることが出来ます。
お気に入り度★★★★★。記130702
真・女神転生4FINAL
  ジャンル:RPG  機種:ニンテンドー3DS
上記真メガテン4のアナザーストーリー。といっても主人公別人で、4の終盤からの分岐というストーリーで、全ての事件が1週間程度で終わるというスピード感。

そう書くとシナリオ短いのじゃないかと思いますが、メインストーリーも十分なボリュームがあり、前作にもあったサブクエストもしっかり収録されているので今回もボリューム満点。

システムは前作とほぼ同じですが、遊びやすいようにいくつか修正されたところがあり、悪魔の差別化のため得意とするスキルの系統がそれぞれの悪魔に設定されたのが大きな違いですかね。
あとフォントも変わりましたな。個人的には4のフォント方が読みやすかったんですが。

他にも個人的に残念なのがスキルの所持個数を増やすことにレベルキャップが付いてしまって、LV75にならないと最大の8個まで増やせない。 他はバロウズの出番がなくなったことですかね

システム面と若干被る内容ですが、今回最大7~8名のパートナーが常に同行するので、イベント中が中々にぎやかです。
ナバールの丸いおなかを下から撫で上げたい思いに駆られます。 他にもトキの愛らしさは異常。

ストーリーに関してはいつも通りロウ、カオス、ニュートラルと分岐しますが、ロウとカオスルートは直前の選択のみで行けるようで、正直おまけくさい。
代わりにニュートラルルートが2種用意されているんですけどね。

今回はサクサク進めたかったので一番低い難易度で進めていたら、ラストダンジョンに辿り着く前にLV99になってしまったので、無料のDLCでレベル上限を99以上に上げれるようになったのがありがたいです。
お気に入り度★★★★★。記160406
真・三国無双マルチレイド
  ジャンル:アクション 機種:PSP
個人的略称は「無双マルチ」。某アンドロイドの無双ッぷりをあらわすものではありません。
真・三国無双シリーズの新しいスタイルを提唱したゲームで、基本的なデザイン、アクションは無双5を使用。でもダッシュや、ロックオンができたりして、ゲーム性はまったく違う。
クエストと呼ばれるミッション(今までのシリーズの戦闘に当たるもの)をこなしながら、キャラクターを成長させ、同時に武器やアイテムを作る素材を集めるという、結構RPG的要素が強いですな。
今回はゲージをためることでキャラを変身させることができ、キャラによっては人間やめる人もいるのが楽しい。 ただでさえどのキャラでも連続ダッシュ、ジャンプができるのに変身したらさらに距離、回数ともに増えるので文字通り画面狭しと飛び回ることに。
ストーリーは基本的に三国志演義を踏襲し、蜀、魏、呉の国ごとに後半のストーリーは違ってきまして、そのほかにもサブクエストなどありまして、ボリュームは結構あります。
アイテムや、クエストの収集率が%表記されるんでやりこみ要素も高い。
今作の最大の売りは最大4人まで同時プレイ可能の、マルチプレイ。 とはいってもまだマルチプレイはしてないのだが。  お気に入り度★★★★★。
真・三国無双5 Empires
  ジャンル:アクション 機種:X-BOX360
真・三国無双5をベースにした戦略シミュレーションなエンパイアーズ。
ついに念願だった武将プレイも追加され、全国放浪の旅もできると思って期待してたら、イベント面が相当あっさりなんでしょんぼり。
で、戦闘における戦術面でも戦国無双2Empiresから見てパワーダウンしてるのでしょんぼり。
さらに元となった真・三国無双5がアクション面でしょんぼりで、唯一の救いと言えばエディットキャラのパーツが真三国無双オンラインのパーツ流用のおかげで、そこそこ豊富なのが救いかもしれないけれども、ぶっちゃけ真・三国無双3 Empiresのほうが面白い。
お気に入り度★★★。記120828
真・三国無双6
  ジャンル:アクション 機種:プレイステーション3
蜀魏呉に加え三国を統一した晋まで加わった三国無双。「三国じゃない」って突っ込みはいたるところでされてるんですが、三国の顛末を仕舞いまで書くことを考えるとやっぱり晋は外せないわけで。
ゲームモードは主に2種類。各国ごとのストーリーを追うストーリーモードとヘクスで描かれたマップをうろうろして、各武将の専用マップを楽しむクロニクルモードとボリューム満点。
ストーリーモードでは各マップごとに使える武将が固定なのが良し悪しだけれども。
アクションシステムは4をベースにパワーアップした感じになった6。
今まではキャラごとに使える武器は固定だったが、今回は全てのキャラが全ての武器を使えるようになったのが最大の変更点。
とはいえ、キャラごとに得意武器が設定され、それを使うことで特殊攻撃が出来たりとちゃんと差別かもしてあります。
ダウンロードコンテンツとして旧作のコスチュームを無料でいただけるのが地味にありがたい。個人的にはマルチレイドの変身後の姿も配信してくれると楽しいのだが。
長く遊べる工夫がいろいろとしてるのは良いですが、11年は無双出しすぎですよ、コーエーさん。
お気に入り度★★★★★。記110611
真・三国無双6 Empires
  ジャンル:アクション&シミュレーション 機種:プレイステーション3
ということで真・三国無双6のEmpiresでございます。
アクションは当然6から引継ぎで全体的なシステムは5Empiresの引継ぎ、イベントがあっさり目な方向にパワーアップしてるのが個人的には残念。
今回成長システムが変っていて、「武勇」「知略」「仁愛」「規律」「財産」「悪逆」の名声があり、行動によってそれぞれのレベルが上がっていき、最も高い名声のレベルによってステータスが上昇する。で、レベルの低い名声でもそれぞれの名声に応じた特殊技が使えるようになる。
最終的にはその名声によってエンディングが変化するというのもなかなか面白い。悪逆な劉備とか武勇な孔明とか。
そんなもんで全てのエンディングを見るのに最低でも6周は遊べるのでじっくり楽しめます。
最大のパワーアップはエディットキャラのボリュームかもしれませんな。体験版から造ることが出来てそれを本編に引き継げるのも良いですな。
お気に入り度★★★★。記130410
真・三国無双7
  ジャンル:アクション 機種:プレイステーション3
はい、真・三國無双6の正統進化
ゲームモードは主に2種類。各国ごとのストーリーを追うストーリーモードと拠点を延々と育てる将星モード。
ストーリーモードでは各マップで使える武将が2~5人の中から選択できるようになった。また、史実では離脱したり死んでしまう無双武将を条件を満たすことで助けることがき、そうすることでifルートに分岐したりする。
将星モードは皇帝を迎えるために銅雀台をつくるという話だが、単調な戦闘を繰り返し、延々名声と仲間と素材を集めることの繰り返し。武器強化とかもできるんですが、ゲームモードとして楽しいかというと正直微妙。

アクションシステムは6をベースにパワーアップした感じになり、さらに4にあった覚醒状態もより使いやすくなって復活。他にも武器にじゃんけんのような三すくみの属性が付き、駆け引きが楽しめるように。

今回追加された新武将は楽進、李典、魯粛、韓当、関興、張苞、関銀屏、郭淮、賈充、文鴦、張春華の11人。張春華が参戦したので司馬懿に恐妻キャラ属性が追加。しばちゅうさん思い出すなあ
お気に入り度★★★★★。記160120
すくすく犬福
  ジャンル:クイズ 
機種:アーケード、プレイステーション2
「犬福」と言う謎のペットを育てる育成クイズゲーム。
育て方によって、犬福は70種以上の成体に変化する。
問題数は多いのだが、マニアックな傾向が強い。
また、ミニゲームなどいろいろと楽しめる要素が搭載されている。 基本的に犬福のラブリげなところを愛でるゲーム。
お気に入り度★★★★。
スーパーヴァリアブルジオ
  ジャンル:対戦格闘  機種:スーパーファミコン
美少女対戦格闘ゲームの走りだったパソコン版「ヴァリアブルジオ」の移植版。
正確にはパソコンから移植されたPCエンジンの「アドバンスドヴァリアブルジオ」の移植版。
グラフィックは当時のSFソフトと比べても少々残念な出来。 イベントシーンも大量にカットされているのが残念。でも当時かなりやりこんだ。 お気に入り度★★★。
スーパーストリートファイターIV
  ジャンル:対戦格闘  機種:XBOX360
いわずと知れたストリートファイタシリーズの'10年6月時点における最新作。
リュウ、ケン、チュンリー達をはじめとしたぜん35キャラが頂点を目指す。
グラフィックも滑らかなフルポリゴンになり、システム面ではIIのころを彷彿とさせながらも、言うまでもなく進化しており。まさしく懐かしくも新しい。
ストーリーもIIのころは何のために戦ってるのか今ひとつわからなかったが、IVでは最初と最後に各キャラごとのアニメストーリーが入ったり、ボス戦の直前にライバルキャラとのイベント&戦闘があったりと演出面も大きくパワーアップしていますな。
当分格ゲーから離れてた身にしたら隔世の感がしますな。
お気に入り度★★★★。記090815
スターオーシャン4
  ジャンル:ロールプレイング 
機種:XBOX 36O
スーパーファミコンより続くスターオーシャンシリーズ第4段。とはいっても個人的にはシリーズ初プレイ。
ワープ航法を手に入れた人類が、宇宙の荒波に乗り出して色々と苦労するSFなRPG。
DVD3枚にも及ぶ膨大なボリュームは遊び応え満点なのだが、やたらめったら止まる!
特に戦闘終了でとどめをさしたキャラが見得を切るのだがそこで止まる。止まったら最後、コントローラでの電源オフすら出来なくなるのでわざわざ本体のボタンを押さなければならない不便さ。ここまで止まるゲームはプレステ以来の気がする。
また、DVD3枚にデータが分かれているせいか終盤になって、序盤の町の戻ろうとするたびにディスクの入れ替えが必要などと不便な点もある。
でも、美麗なグラフィック、壮大なストーリー、コレクション収集などやりこみ要素も多く非常に楽しみがいのある1本。PS3で出るという話もあるので、そうなると少なくともディスクの入れ替えからは解放されると思うので、やってみる価値はあるかと。
まあ、いろんな不便さから★は削ります。
お気に入り度★★★。記090815
ストーンウォーカー
  ジャンル:アドベンチャー 
機種:プレイステーション
プレステ初期のアドベンチャーゲーム。
主人公は考古学者で、マヤ関係の遺跡にて少女を見つけそれにまつわる謎をめぐるというお話。
選択肢を選ぶタイミングでイベントが変化するとかいうシステムが盛り込まれてたようだが、良くわからない。
結幕も基本的に一つのようなので、やりこみ性も薄いので、お勧めはできない。 お気に入り度★。
聖剣伝説 FF外伝
  ジャンル:アクションRPG
機種:ゲームボーイ
言わずもがなな、聖剣伝説シリーズ第一弾。
当初はファイナルファンタジーの外伝だった。だもんでいろいろな要素がFF的だった。回復魔法がケアルだったり、チョコボが出てきたりと。
まあ、そのチョコボがストーリーを追うごとにいろいろと愉快なことになるわけですが、その辺は実際にプレイしていただきたい。
チョコボの点はさておいてストーリーは良く練られており、正直エンディングはちょいとなける。
後にゲームボーイアドバンスで「新約 聖剣伝説」としてリメイクされるのだが、そちらになると「FF外伝」ぷりはごっそり無くなり、PSで発売された「~レジェンドオブマナ」テイストてんこ盛りになっている。当然チョコボがらみのイベントもがっつり修正。残念。
個人的に雰囲気は新約よりもこちらのオリジナル版のほうが好み。お気に入り度★★★★。
聖剣伝説3
  ジャンル:アクションRPG 
機種:スーパーファミコン
ゲームボーイから連綿と続く聖剣伝説シリーズ第三弾。
今回は主人公を6人の内から一人選びさらに仲間を二人選び3人一組で行動する。さらに、各キャラは成長するとクラスチェンジ出来るようになりそれぞれ4種類ずつ最高位のクラスが用意されているので、色々と違った組み合わせでエンディングを迎えることが出来る。
基本的なストーリーは同じな物の選んだ主人公ごとに導入の物語が違い、ライバル的な存在も変わってくるので、その点でも繰り返し遊べるようになっている。
今となってはグラフィックが少々寂しいが、それでもSFCとしてはかなりの美しさを誇る。クラスチェンジ後の姿がイメージイラストでは結構違うデザインなのに画面では色違いでしかないのは寂しい限り。欲を言えば今の技術でリメイクしてしっかり違いを見せてもらいたいモノである。 お気に入り度★★★★★
聖戦士ダンバイン
  ジャンル:シミュレーションRPG 
機種:プレイステーション
同名アニメのゲーム版。基本的なストーリーは原作そのままだが、主人公はオリジナルキャラでアニメの主人公、ショウ:ザマと同じく地上から、魂の故郷と呼ばれるバイストンウェルに召喚された地上人で、とある小国の王に請われて騎士団に入団することになる。
その後は主人公の支店からストーリーを追うことになるのだが、アニメ版のストーリーを追うだけではなく、行動によってさまざまなオリジナルストーリーに分岐する。なんとオーラバトラーを製造せずにクリアすることも可能。
基本的には戦闘マップはごく一般的なロボットシミュレーションRPGで、インターミッションでは新しいオーラバトラーの開発やさまざまなイベントが起きるようになっている。
システム的に若干難があり、難易度も高いがさまざまなダンバインのIFストーリーが楽しめるところはなかなか楽しい。。 お気に入り度★★★
戦国BASARA3
  ジャンル:アクション
機種:プレイステーション3
BASARAシリーズが最初に発表されたときは「戦国無双のパクリじゃねぇか!」と思って、今までのシリーズをやってこなかったんですが、3を遊んでみると「やっぱり戦国無双のパクリじゃねぇか」と言う印象。
でも、キャラ設定がブッチギレてて不思議と戦国無双と違う面白さ。
大まかなゲーム感は戦国無双と良く似てるが、キャラクター設定以外にも細かいところは結構違う。あげていけばきりは無いのだが、選択によってストーリーやエンディングが変ってくるのが、顕著な違い。
プレイアブルキャラクターは前作2より減っているらしいが、各キャラごとに複数個のストーリーが用意されて、トロフィーも多数用意されていて、結構やりごたえは有るかとおもいます。
キャラクターが受けいられるならば、楽しめるかと思います。 お気に入り度★★★。記110129
戦国無双2Empires
  ジャンル:アクションシミュレーション
機種:プレイステーション2
戦国無双2にシミュレーション要素を加味したゲームで、戦は無双シリーズのアクションでガッツリ戦うことが出来る。
少々不利な戦闘でも、プレイヤーのアクションテクニックで挽回可能なのが良いところ。また、戦闘シーンでは配下の武将にもある程度、指示が出せるのが良いところ。これで無駄に配下が死ぬことが抑えられる。
結構イベントも多く、繰り返し遊べるのだが、セールス的には今ひとつだったようだ。
この無双シリーズでもっとオリジナルキャラで、立身出世を楽しめるようなゲームが出ないかと思う今日この頃です。 お気に入り度★★★
戦国無双2with猛将伝
  ジャンル:アクション 機種:X-BOX360
プレステ2でも発売されているがあえて360版。
戦国無双2とそれの猛将伝のセットパックだが、PS2版と違い1本のディスクにまとまられて発売されてるのが良い。
基本仕様が猛将伝なので最初から全てのキャラクターが遊べるのはありがたくもあるが、ちまちまとキャラクターを出す楽しみがなくなってしまう残念な面もある。
各キャラクターごとにシナリオが用意してあり、猛将伝の追加要素も加えてかなり長時間遊べるソフトになってます。
お気に入り度★★★★。
>
戦国無双3Z
  ジャンル:アクション 機種:プレイステーション3
ということで戦国無双の第三段。のパワーアップ版。
ストーリーモードが用意してある武将は40人。で各5話ずつあり、単純に一人90分で終わらせたとしても、60時間。すげぇな、おい。
他にもミニゲームや、戦国時代の有名なエピソードを順に追って遊べるモードなど多種多様に用意されており、実に大ボリューム。
基本システムは2と変わって無いものの、ステージ内ミッションが色々と増えており、あきさせない。
今回、遊んだ感じでは、「家族のつながり」をテーマにしてるような印象を強く受けた。あと2より、史実に忠実な話が多いような気もする。でも今川さんは相変わらず、蹴鞠スト。
今回無双シリーズとは思えないほど、トロフィー取得条件が厳しいものが幾つかあり、「全員の第2レア武器を手に入れる」など難易度高い上に、手間がかかるものまで用意されてる。まあ、今までがゆるすぎたという気もするが。 お気に入り度★★★★。記110326
続・御神楽少女探偵団
  ジャンル:アドベンチャー 
機種:プレイステーション
明治、大正時代を背景にした探偵推理物のアドベンチャー御神楽少女探偵団の続編
ネタバレを恐れず話すと、前作で収録されている最後の事件が冒頭しかないので、その続きから。
ああちゃんと冒頭部分も入ってますのでこちらから遊んでも問題な無し。
前作から漫然と残っていた謎も全て解決する完結編です。
とりあえず未プレイですが、続編となるゲームがパソコンででてるのはありがたいが、何故かエロシーンが入るようになり18禁ゲームになっているのが残念。 お気に入り度★★★
ダークソウル
  ジャンル:アクションRPG 
機種:プレイステーション3
「心をへし折るRPG」と名を馳せたRPGデモンズソウルの続編。続編といっても、システム(と雰囲気)のみ引き継いだタイプで世界観などは基本つながりが無いようす。
今回もバッキバキに心が折られます。そらもう毛利元就が矢をへし折るくらいに。その上、人間性まで捧げろといわれますしね。
当然、前作で多くのプレイヤーの心をへし折ってきた難易度&世界観は健在。でも前作でシステムになれたせいか、前作ほどの理不尽さは感じませんでしたが。
かなりボリュームアップしてますが、トロフィーは前作よりはとり易い印象。というかエンディングがめちゃくちゃあっさりしていて、クリアしてちょいと呆然とした。
というか、ラスボスが意外と弱かった。前作では何度と無く心が折れかけたんだが。
お気に入り度★★★★。記120321
ダークソウル2
  ジャンル:アクションRPG 
機種:プレイステーション3
「人間性をささげろ」と名を馳せたRPGダークソウルの続編。続編といっても、システム(と雰囲気)のみ引き継いだタイプで世界観などは基本つながりが無いようす。今回は、さらに絶望まで焼べろとまで言われますが。
難易度に関してはシリーズで一番低いんじゃないかと。システムになれているというのもありますが、以前よりレベルも上がりやすく、回復手段も増え、メインストーリーでは心が折れるほどえげつない状況もなかったので(サイドイベントではありますけど)。そういう意味ではご新規さんにもお勧めしやすいかもしれませんな。
今回は武器や呪文がされに増え、攻撃パターンもそれに従って増えているのでアクション面でも楽しみがより増えてます。
かなりボリュームアップしてますが、トロフィーは前作よりはさらにとり易い印象。あと前作よりはエンディングがちゃんとしてるのも良いところかと。それでもあっさり目ですが。
お気に入り度★★★★。記140910
チューチューロケット
  ジャンル:アクション、パーティゲーム 
機種:ドリームキャスト
ドリー初期のアクションパーティゲーム。
ルールは簡単でワラワラ湧き出てくるねずみを上下左右のパネルを配置して、 ロケットに送り込みロケットを発射させた人の勝ち。
当然、お邪魔キャラなどがいてそれをとらないように、なお且つ多くのねずみを獲得するのが目的で、 一人用にパズルモードもあるが、やはり対人戦が一番面白い。3~4人でバカ騒ぎしながらやると良し。
この面白さは実際やっていただかないと伝わりませんな。 お気に入り度★★★★★。
デッドライジング
  ジャンル:アクションアドベンチャー
機種:XBOX360
バイオハザードのカプコンがおくるゾンビゲーム。バイオハザードなんて目じゃないほど大量のゾンビが、ショッピングモールに所狭しとあふれ出し主人公にオレモオレモと襲い掛かる。
軍に突然閉鎖された街にスクープをとりに来たカメラマンが、ゾンビのあふれるショッピングモールを舞台に真相を追うのが基本の話。
基本カメラマンなんでいろんなところで写真取ったりするのだが、ゲームの攻略にはその行動自体は直接関らないのが、少々微妙かも。いい写真撮ったら経験点イッパイもらえるんだけどね。
経験点によるレベルアップもあり、ボスなどで詰まっても、成長した状態で最初から遊べたりとアクションの苦手な人にも安心な作りで、次々にイベントが起きて退屈しません。 ゾンビは大量に出るけどホラーなイメージなゲームじゃないですよ。
唯一残念な所があるとしたら、フォントサイズが小さいので普通のAVケーブルだと文字がつぶれて、何と書いてあるか判断できないことがあるところか。気に入り度★★★★★。
デッドライジング2
  ジャンル:アクションアドベンチャー 機種:PS3
俺たちのゾンビパラダイス再び。
今回はゾンブレックスというゾンビ化抑制剤がゲームのキモ。
主人公チャック君は娘のためにゾンブレックスを買うための資金稼ぎにフォーチュンシティという街にやってきたところ事件に巻き込まれちゃいます。救助が来るまで3日間待ちながら、ゾンブレックスを回収しつつ、事件の原因を探すのが今回の目的。ゾンブレックスは娘のため以外にもいろんなところで絡んできます。
ボリュームアップしているけど、基本は前作と一緒。ゾンビをなぎ倒しつつ事件の謎を追う。ついでにサイコな殺人鬼も対処する。
パワーアップした点は残酷表現と新たな武器を作り出すところ。他にも不便だった色々細かいところが改善されてま。
1では制限されていた残酷表現が今回はがっつり表現。いろいろと飛びまくります。
武器の作成は街中に転がっている2種類のアイテムを組み合わせて強力(?)でステキな武器を作り出すことができるのがなかなか良い感じ。宝石と懐中電灯でレーザーサーベルが作れるのはかなり謎だけど。
PS3と360で発売されてるけど、個人的には無料でオンライン協力プレイができるPS3版をオススメしときます。
町の中ではミニゲームなど色々用意されている物のやることは前作と変わらないので、1をやりこんだ人は内容、難易度ともに物足りなく感じるかも。
お気に入り度★★★★。記101020
デビルサマナー ソウルハッカーズ
ジャンル:3DRPG
機種:セガサターン、プレイステーション
女神転生シリーズの一つ。現代に近い世界を元にハードな世界観で楽しませる。 個人的にはメガテンの最高傑作。
シリーズを通して悪魔との交渉がこのゲームが一番面白い。 別名悪魔ナンパゲー。
ストーリーは地方都市をベースに作られた近未来モデル都市で渦巻く陰謀を、主人公が所属するハッカーチームが何とかしようと躍起になるお話。
お気に入り度★★★★★。
デビルサマナー ソウルハッカーズ(3DS版)
ジャンル:3DRPG
機種:ニンテンドー3DS
ということで名作のリメイク版ですがPS版を元にリメイクされてます。
変更点はイベントフルボイスになったことと、すれ違い通信に対応したシステムが搭載されたこと。
すれ違いをすることで特殊な悪魔が仲魔にできるのだが、相当数すれ違いを重ねないと、そのシステムがパワーアップしないのが難点。
とりあえず購入後40人以上とすれ違ったはずなんだが、1段階目からまったくパワーアップしません。すれ違い密度の低い田舎には結構厳しいシステムでした。
お気に入り度★★★★ 記121024
デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団
 ジャンル:アクションRPG 
機種:プレイステーション2
デビルサマナーシリーズ最新作はなぜか大幅にシステム変更されて登場。
戦闘はアクション、仲魔は力ずくで筒に押し込める  というのが最大の相違点か。
大正20年という架空の時代背景を美しく作り上げていて、 仲魔を画面上に視認できる形でつれて歩けるのは正直楽しい。
もともとPSPソフトとして開発されていたらしく、 そのせいかボリューム不足な点は否めないところが残念。
お気に入り度★★★。
デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王
ジャンル:アクションRPG 
機種:プレイステーション2
ライドウさんが大幅にパワーアップして帰ってきた。
戦闘はアクションと言う手軽さはそのままに悪魔会話が復活。第2作と言うことであらゆるボリュームも2倍以上になってます。
今回メインシナリオ以外にも「別件依頼」と言うサブイベントが100件ほど用意されていて、 それをちまちま解決していくのがなかなか楽しい。
結構パロディが入ってるのも好感触。江戸川乱歩が別件依頼してくるしね。
悪魔の量も大幅に増えており、合体システムも整頓され、さらにほとんどのセーブポイントが合体施設に直結しているのも非常に便利。悪魔合体が大幅に楽しくなりました。
仲間にした悪魔は通常の戦闘スキルとは別に成長すると「思い出スキル」というステータス強化系の者を覚えていくので、同じ悪魔でも入手の仕方で強さに雲泥の差がつくのも面白い。
個人的にマイナスポイントに感じたのが、終盤になってもすごく低レベルの雑魚が混じってでてくるところ。しかもそれが命乞いをして勝手に仲魔になることがあるからうっとしい。
こちらが50レベル超えてるのに10レベル以下の悪魔が入ってきても邪魔なだけですがね。 わりと簡単にレベルが上がるので、アクションが苦手でも十分楽しめるつくりになっていると思います。 ブレス系が鬼のように強い。
読み込みが厳しいため、古いPS2だと遊びにくいかもしれません。 お気に入り度★★★★★。
デモンズソウル
 ジャンル:アクションRPG 
機種:プレイステーション3
プレイしたある人は言う「クソゲー」とまたある人は言う「マゾゲー」とそしてまたある人は言う「神ゲー」と。
そんなやる人によっていろんな印象を与えるゲームデモンズソウルは5つのマップが3~4ステージに分かれたアクションRPG。
個人的な印象はファミコン時代、あるいはその当時のパソコン用アクションRPGをPS3で作った感じ。しかも不親切さは当時のままで。そんな印象。
なんというかすごい不親切なんですよ。3Dゲームのくせにマップは無ければ、進行方向指示もない。ただでさえ全体的に暗い画面に、黒っぽい敵。おまけに割と独特なボタン設定。
チュートリアルもそこそこにそんな世界へホッポリ出されるんで難易度は非常に高いです。
RPGなんでレベルをあげたり、武器を強化すれば誰でもクリアできる、訳ではなくそれ相応のテクニックも要求されるのもハードな感じです。
でも面白いんですよ。ハイドライトや初期イースにはまった人間にとっては。
そんな懐古主義者のためにPS3用に作られたゲームなのかもな。 お気に入り度★★★★。記100929
デモンゲイズ
 ジャンル:3DダンジョンRPG  機種:PSVita
ハックスラッシュ系3DダンジョンRPG。基本的な仕組みはオーソドックスな3DダンジョンRPGで、装備品を入手するにはダンジョン内の特定の場所で専用アイテムを使い戦闘に勝つことでドロップ品を手に入れる必要がある
で、手に入れた装備品を利用してさらに装備品を強化していくスタイル。
もう一つ独自のシステムとしてデモンの存在があり、中ボスを倒すとその中ボスが特殊な能力を持った召喚獣として扱える感じですな。
ストーリーとしては記憶を失った主人公がお世話になっている宿屋の宿代を払うためにダンジョンに潜っているうちに、大きな事件に巻き込まれていくという感じ。ストーリーを進めるうちに宿屋の主人であるヒロインと仲良くなって、サービスシーンが多少展開される感じですか。
主人公も含めて最大5人パーティにできるのですが、その仲間をつくるにもお金が要るので、序盤は結構シビア。
システム的に装備品にお金はほとんどかからないので、中盤以降はお金に困ることはないですが、強化できるとはいえ、強い装備品を手に入れるにはある程度のランダム性がある仕組みなので、運が悪いと中々強い装備品が手に入らないのが困りものです。戦闘バランスは油断すると雑魚にもさらりとやられることが。まあうまくスキルを使えば大丈夫です。
まあストーリーはおまけ程度なので黙々とダンジョンアタックするのが好きな人にはお勧めできます。
キャラクターデザインは今風のギャルゲーっぽい感じなのでそういうのが嫌いという人には向きませんが。
お気に入り度★★★★。記17408
トップをねらえ!
  ジャンル:アクションアドベンチャー  
機種:プレイステーション2
同名のOVAのゲーム化だが、CDドラマでOVAはTV版の再編集版だったという 嘘設定の上収録されていた予告編のみの全25話を完全構築しているのがすごいところ。
グラフィックもOVAのよさを失わずにポリゴンで完全再現。 戦闘はロボットアクションで再現というつくりなのだが、今ひとつ全体的に動きが緩やかで 繰り返し遊んでいると少々ストレスがたまる。
選択肢で若干ストーリー、エンディングの変更がありIfの世界も楽しめるので、 「トップをねらえ!!」が好きならやって損は無いと思われる。 お気に入り度★★★。
東京WARS
  ジャンル:シューティング  機種:アーケード
12年ぐらい前のアーケードゲーム。ぱっと見筐体はレースゲーム風なのだが。市街地を舞台に戦車を操り対戦するゲーム。
基本4人、少ないところで二人、多いところで8人まで同時対戦が出来たはずで、協力戦も出来たが対人戦がアツイアツイ。
勝敗だけではなく撃墜数、命中率等個人成績も出てくるのが良い感じだった。 今迄で一番は待ったアーケードゲームと言えよう。 お気に入り度★★★★★。
東京23区制服ウォーズ
  ジャンル:アドベンチャー  
機種:プレイステーション
えーと、なんか過去にですね制服の力を使った戦争があってですね、それが再び起きようとしている とかいう感じのストーリーだったと思うのだが、もう記憶のかなた。
とりあえず、キャラデザインの人が好きなんで買ってみたものの、それ以外の魅力が このゲームでは発見できなかった。 お気に入り度★。
慟哭 そして…
  ジャンル:アドベンチャー  機種:セガサターン
とある洋館に閉じ込められた主人公たちが脱出しようとして四苦八苦するアドベンチャー。
罠満載の洋館をうろうろして、罠を解除するためのアイテムを手に入れたりするのだが、 ヒロインたちがさくさく死ぬ。目を離すとすぐ死ぬ。笑っちゃうほどポンポン死ぬ。
ヒロインたちとの友好度によってエンディングが変わる。
とりあえず、危険な屋敷と思ったらばらばらに行動するのやめましょう。 お気に入り度★★★★★。
闘神伝3
  ジャンル:対戦格闘  機種:プレイステーション
プレイステーション最初期の3D格闘ゲームの第3弾。いや、正確には2の後に「2とうしん伝」とかいう外伝的なものがあるので、第4弾なのだが。
ワンボタンで必殺技が出せたりするシンプルな操作系や、ことぶきつかさ氏デザインの個性的なキャラが派手に暴れまわるのが魅力的なゲームでした。
とりあえず、最大で33人(隠しキャラ含む)のキャラがいて豊富なのは良いのですがうち4割は通常キャラとモーションが一緒なのが笑えますが。しかし、養女の幼女にまで戦わせるのはいかがな物か
真剣に格闘ゲームとして遊ぶよりは友達と軽く酒の飲みながらバカ騒ぎして楽しむのにむく、どちらかと言うとパーティゲームよりな格ゲー。
来年当たりWiiで新作が出るみたいなんで、書いてみた。キャラデザがことぶきさんじゃない時点で興味は無いが。 お気に入り度★★★★。
ドラゴンクエスト6 幻の大地
  ジャンル:ロールプレイング 機種:スーパーファミコン
いわずと知れたドラゴンクエストの第六弾。
魔王ムドーの侵攻にさらされた世界で、兵士になろうとお城に出かける主人公。うろついている内にいろんな事実がわかってさあ大変。と言う感じ。
システム的には個性的なキャラクターたちに加え、3から進化させた転職システムを搭載し、どのキャラでも自分の思うとおりのスキルをもたせることができるようなった。
ストーリー的にも「発見」をテーマにしているだけあって、新発見の連続でよい感じ。
世間一般での評価はそう高くないようだが、個人的には3、8についで好きなドラゴンクエストである。 お気に入り度★★★★。
ドラゴンクエストVI 幻の大地
  ジャンル:ロールプレイング 機種:ニンテンドーDS
上記のリメイク移植。基本的なストーリーはもちろん一緒。主な変更点はMAPの町やダンジョンのポリゴン化や、システムの整頓、バランス調整、戦闘シーンの選出など。
特に戦闘シーンはモンスターたちが生き生き動くのは良い感じ。とくに、スライムナイトの攻撃は必見。自分の乗っているスライムで殴りかかってくることがある。
残念なところはモンスターを仲間にできる種類が減り、スライムのみになってしまったところ。その辺完全移植じゃないのは、ファンとしては残念。
お気に入り度★★★★。100311記
ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち
  ジャンル:ロールプレイング 機種:プレイステーション
歴代で一番売れたらしいが、個人的には相当影の薄いドラゴンクエスト。
世界には主人公たちの住む島しかない状況でその謎を解き明かしていくストーリー。だが、正直あまり印象に残ってないですな。ちゃんとクリアしたのに。あ~、ラスボスにさっぱり苦労しなかったことと、はぐれメタルかメタルスライムが大量繁殖した島があったような記憶を今思い出しました。
ドラクエにはめずらしく、仲間になったキャラクターが途中で抜けたり、戻ってきたり永久離脱するというのが特徴。正直キャラクターデザインが好みでなかったこともあって、キャラクターたちに魅力を感じてなかったんで永久離脱しても何の感慨も沸きませんでしたが。
なんと言うか、気がつくと3DSでリメイクされるようですな。やりこみ要素はそれなりにあった気はするので興味がある方はどうぞ。
お気に入り度★★。121114記
ドラゴンズクラウン
  ジャンル:アクションRPG 機種:プレイステーション3 2013年
21世紀も10年以上過ぎて発売された2Dベルトスクロールアクション。良くやってくれたと言わざるを得ない!! 2Dのキャラクターたちが表情豊かににゅるにゅる動く。しかもド派手に。
はい、システム的にはガーディアンヒーローズなどをはじめとするベルトフロア式アクションで、ストーリーはドラゴンの復活を阻止しようというようなオーソドックスな話ですが、サブクエストも充実。ランダムダンジョンもあり、6種あるクラスごとのエンディングもあり、さらにはアップデートにより255LVまで成長させることができるようになって、やりこみ要素も盛りだくさん。
6種あるキャラクタークラスもそれぞれ前線に向いたクラス、遠距離攻撃に向いたクラスと様々に個性がつけられてられているので、どのクラスで遊んでも実に楽しいです。
お気に入り度★★★★★。140101記
ドラゴンマスター シルク
 ジャンル:3DRPG  機種:セガサターン
勇者シルクが、3人の精霊龍とともに魔王の野望を阻止するために、ダンジョン奥深くに 挑むRPG。
と書くと、シリアスな印象だが、実際はかなりコミカルなイベントシーン満載の3DRPG。
ダンジョンは全18階、6エリアに分かれており、各エリアごとにボーナスアイテム用の 収集アイテムが用意されてるなど、飽きないような工夫がされている。
お気に入り度★★★。
トリニティ ジルオール ゼロ
  ジャンル:アクションRPG  機種:PS3
別名ジルオール無双。  名作RPGジルオールの過去のお話をアクションRPGにしたもので、戦闘システムは真三国無双を始めとする無双シリーズの特徴的なところをベースに作られていると言う印象。
とは言っても、無双ほどワラワラ敵が出てくるわけではなく、アクションそのものも独自なもので、モンスターの弱点にあわせて、攻撃の属性を選ぶと有利になったりと結構特徴付けられてます。
ストーリーは大陸征服を狙う覇王を倒そうとする実の孫のお話。
そのメインストーリーをベースにサブクエスト&ランダム生成クエストが盛り込まれて、ボリュームてんこもり。 サブクエストは本編にまったく関係ないものではなく、NPCたちの背景に迫るものや、世界観を深めるものなどが多く、余分な感じがしないのが良いところ。
反面ランダム生成クエストはツッコミどころ満載。モンスター撃破や、アイテム収集はありきたりですが、笑えるのが、救助や護衛クエスト。どう見てもただの一般人にしか見えないキャラがダンジョンの奥深くまで行きたがったりする。何が目的だ!? 落ち着け!!
末弥純さんのデザインを見事に再現したグラフィックが素晴らしい。
お気に入り度★★★★★。110212記
’70年代風ロボットアニメゲッP-X
  ジャンル:シューティング 
機種:プレイステーション
’70年代のロボットアニメがモチーフのシューティング。
基本はゲッターロボなので主役ロボは3段変形する。
ボスを倒すとアニメが挿入されるのだが、ボスに決まった形態で 止めを刺すと特殊なアニメになるというにくい演出付。
また、クリア後のおまけとして、 伝説の合体ロボアトランジャーを主役にしたモードが楽しめるなど 結構盛りだくさん。主題歌、挿入歌も実に豪華。CD4枚組みは伊達じゃない! が、このゲームを最後に発売会社は倒産してしまうのだった。
くるぶし兄弟よ、永遠に。 お気に入り度★★★。
ニーア・レプリカント
  ジャンル:アクションRPG 
機種:プレイステーション3
美しいBGMに彩られた物悲しい、救われないストーリーのRPG。
パッケージ、説明書に描かれている主人公は青年だが、少年期、青年期の2部構成で個人的な印象では少年期のほうが長い気がする。説明書じゃほとんど触れられないけど。
「マモノ」と呼ばれる黒い影が人々を襲う中世風の世界で、主人公ニーアが病気の妹ヨナを救うために頑張るお話。
ストーリーは基本同じな物の、2週目3週目と繰り返し遊ぶことで違うエンディングを見ることが出来、2週目以降は「マモノ」側の事情もわかってますますヘヴィな感じに。
サブイベントも含めて救われないお話が多く、なんともやるせない。でもそこが良いと思いま。
でもヒロイン、カイネの格好のエロさは半端ない。
お気に入り度★★★★。記110506
ノーモア★ヒーローズ レッドゾーンエディション
  ジャンル:アクション 
機種:プレイステーション3
謎の美女に誘われ、ァンキーな世界観で全米殺し屋ランキング1位を目指す殺し屋アクションゲームの再編集版。
ちょいオタな主人公がビーム・カタナでバッタバッタと殺し屋たちをなぎ倒していくお話。
レッドゾーンエディションということで、残虐表現、おもに血飛沫が大量に。もう画面が見にくくなるほど!(ダメジャナェカ)
通常をやってないんで比較できませんが、バラバラ表現もパワーアップ(?)。ビーム・カタナでいろんなところが切り離されます。まあ、内臓は出ないんで、そこまでグロくはないですが。
このゲームが楽しめるか否かは、世界観にはまれるかどうかがキモ。純粋にアクションゲームとしてみると色々と物足らない面もありますが、ソレも世界観の一部と思えば、なかなか良い感じ。ビーム・カタナを充電するためにコントローラーを振るのが笑える。
飛んでくるココナッツをバットで割ったり、ピザチェーンのCEOの首をハネたりして、殺し屋ランキング戦登録料を稼いだり、ランカーとの戦いの直前に、「歯、磨けよ」「200%負けると思ってる」と謎に美女言われたり、基本コメディかと思いきや、シリアスな話もあったり、メリハリのあるシナリオが良い感じ。
出てくる殺し屋ランカーたちもかなり個性的で、渋いおっさんからただのコスプレ野郎や殺人バットを振り回す美女など多種多様。
愛猫ジーンにさんざっぱら癒される。
お気に入り度★★★★。記110806
バイオハザード5
  ジャンル:アクションアドベンチャー 機種:X-BOX360
個人的にはコード:ベロニカ以来のバイオハザード。
ていうか、いつの間にメインの敵がゾンビじゃなくなったんですか?
正直3で「追跡者」に嫌になって途中で諦めて以来、シリーズを食わず嫌いしてたんですが、やっぱり面白いですなぁ。
4より採用された照準機能と背面から追従するビハインドカメラがゲームシステムにあってて、3やコード:ベロニカ以前よりキャラクターを動かしやすくなってる感じがします。
そんな以前のシリーズと違い武器改造ができ、ポイントを消費して好きな銃器の弾数を無制限に出来たり、やりこめばやりこむほど傍若無人な活躍が出来ます。
特に全てのチャプターを5時間以内でつかえるようになる弾数無制限ロケットランチャーは凶悪で、その威力はゲーム性を破壊するほど、爽快。
ヒロイン、シェバの隠しコスチュームに度胸を感じる。
お気に入り度★★★★。記100707
バイオハザード6
  ジャンル:アクションシューティング  機種:プレイステーション3
5の正当進化というよりオペレーションラクーンシティよりになったゲームシステムで、謎解きなどのアドベンチャー要素はほとんどなくなってしまったバイオハザード。
とは言え、その思い切った判断でアクションシューティングとしては爽快感が大幅に増してます。
今回主人公が4人設定されており、それぞれ同じ事件にいろんな面から関わっていくという感じです。
ストーリーごとに特色があり、レオン編は割と今までのシリーズに近い雰囲気の流れで、クリス編はミリタリー色の強い話。新キャラのジェイク編はジェイクのかっこよさと、相棒のシェリーの可愛らしさを堪能でき、上記の3篇をクリアすると遊ぶことができるエイダ編は今回の全ての謎が解決するスパイアクションと言った感じで、それぞれ違って面白い。
4人の話に分かれているけれどもちゃんとそれぞれのストーリーにボリュームがあり、またやりこみ要素も多数。じっくりと遊ぶことができる。
ただ、ゾンビなどに対する恐怖は薄くなり、QTEなど失敗による一撃死などの緊張感は高まっている。まあ、QTEを含め敵にやられて死んだ時の演出がそれぞれ違うパターンが用意してあるのでそれを見るのもまた楽し。
おまけ的に追加された、オンラインにつないでいる他のプレイヤーが遊んでいるところに、敵として参加できるエージェントハントモードが、なかなかおもしろい。特に他のプレイヤーをしとめることが出来た時はサイコーですね。自分のゲームに参加された時は、無限マグナムなどで、こっぴどく撃退するんですが。
お気に入り度★★★★。記121017
バイオハザード リバイバルセレクション
  ジャンル:アクションアドベンチャー
機種:プレイステーション3
コード:ベロニカと4をHD対応にして1本にしたソフト。リメイクでも何でもないです。
上記の謎が解けた。4からです。
4のHD化はかなり成功な部類かと。PS2でもかなり綺麗だったグラフィックがはっきりくっきり映し出されます。裏ストーリー(?)エイダ編をやるとよくわかる。エイダ編ではゲーム部分ではHD化されてますが、ムービーがHD化されずにPS2の画像そのままで引き伸ばしてあるだけなんで、ムービーが非常に残念でギャップが良くわかります。
コード:ベロニカはHD化されてもそこまで綺麗になった感じはしません。むしろ当時のポリゴンの残念さが浮かび上がる形に。
それぞれゲーム性は変りませんが、4だけでも未プレイなら遊んでみる価値はあるかと思います。
お気に入り度★★★★。記120404
バイオハザード オペレーションラクーンシティ
 ジャンル:サードパーソンシューティング
機種:プレイステーション3
バイオハザード2と3の裏話。を舞台にしたTPS。なのだが、ツッコミどころ満載。
2では走る様子も無かったゾンビがしっかり走ってくるしね!
いや、一言で言うとクソゲーですよ、気に入っている人には悪いですが、ワシ個人はそう思いました!
まったくと言っていいほど爽快感が無いんですよ、キャラクター成長させても大して強くならないし、どの武器持っても一長多短だし、雑魚はやたら硬いし、チュートリアルは無いに等しい不親切設計だし、画面暗くて何処に何があるかわからないことが多いし、大してのめりこめないストーリー展開といい、何一つ誉める点が浮かばない。いや、それでもACERよりましだけれども。
バイオハザードの名に惹かれて買ったら後悔すると思いますし、TPSとしても出来は正直微妙なんじゃないかと、あんまり種類やったこと無いけど。
正直6を買うのが不安になる出来栄えでした。
お気に入り度★。記120530
バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション
 ジャンル:アクションアドベンチャー
機種:プレイステーション3 2013年5月23日発売

元はニンテンドー3DSで発売されてたものをリメイク。
話の流れとしては4と5の間のお話。
そんなこんなでシステム的には4、5に似ています。

追加されたシステムとしては「ジェネシス」という解析システムが追加されたこと。簡単に言うと隠されたアイテムを見つけたり、手を調べることでポイントがたまり一定ごとに回復アイテムが手に入るという。使わなくとも何とかなるが、使うと便利なシステム。使うと暗いところでも状況がわかりやすくなるしね。

ストーリー的には所在がはっきりしなくなったクリスを探すためにジルが巨大客船に乗り込むわけですよ。例によってバイオハザード済みですけどね!
そんな中でテロリストや対テロ組織が何やかんやする。

メインストーリーに当たるキャンペーンモードでは章によって操作キャラが変わるんですが、特別性能差があるわけでもなく、装備が若干違う程度。
この章によってキャラクターがわかることで様々な視点で事件を追っていくというのがわかりやすくなっていると思います。

キャンペーンモードとは別に零度モードというのが用意されて、基本システムは同じなもののこちらはアクションシューティングで、ポイントを稼いで武器やキャラを強化できるハック&スラッシュをメインとしたゲームモードで、かなりのやりこみができるようです。未だほとんどやってないけど。

気になるところといえば、ゲーム開始などのロードが若干長めな気がします。
とりあえず、プレイ時間の6割以上で画面に表示され続けるジルのケツがせくしーです
お気に入り度★★★★。記120530
ハイドライト3
  ジャンル:アクションRPG 機種:ファミコン
ファミコン後期の良質アクションRPG。
さすがに、今見るとグラフィックを含め色々とあらのあるRPGですが、 じっくりとやりこむには面白いゲームと思います。
時間経過がありうろついていると日が暮れ、主人公も腹を減らし、お店も閉店すると言う徹底振りで、さらにこのゲームではお金もを含めて全ての持ち物に重さがあり、主人公の持てる重さを越えると動けなくなったりするので、序盤はナイフ一本と弁当、小銭だけで重量オーバーと言う有様に。
だがそれがいい!
そんな妙なリアル感が好きな人にはたまらんとですよ。成長させて、今までもてなかった武器を持てるようになったときの喜び、昔は苦労していた町の周りの低級モンスターを一撃でほふれるようになる喜び。最近のゲームでは薄れてしまった楽しさがこのゲームにはありますよ。
ファミコン(代用機)持ってる人ならやっとけ。
お気に入り度★★★★。
ぱにっくちゃん
  ジャンル:アドベンチャー 機種:セガサターン
アドベンチャーと言うより、選択肢のあるアニメで、ゲーム性はほとんどない。
レンタルビデオ屋のさえない店員のところに、「ぱにっくちゃん」という精霊のような女の子がやってきて、映像の中に入り込み色々やるストーリーだった気がする。 濃い映画のパロディがストーリーのメインになっているので、それがわからないとまったくお話にならない。
アニメシーンの長さをアピールしていたが、そんなに画質もよくなくDNの嵐だったりする。
お気に入り度★★。
半熟英雄VS3D
  ジャンル:SRPG 機種:プレイステーション2
ファミコン時代より連綿と続くスクウェアのギャグ満載SRPG。
というか、芸人「鉄拳」で笑えない人はやっちゃ駄目です。 ギャグののりについていけないと、クソゲー以外の何物でもない。
個人的にお勧めできるポイントは「主題歌」と「あたし」の魅力のみ。
特にラスボスは漫画家「柴田亜美」も「何これ!?」というほどの代物。 お気に入り度★★。
火魅子伝~恋解~
  ジャンル:SRPG 機種:プレイステーション
古代日本を舞台にしたシミュレーションRPG。
恋愛要素もありで、個人的には恋愛シミュレーションとしてはトップ。 もっとも、他にほとんどやったことは無いのだが。 いまだに小説を買い続けていると言う有様。
次世代機でリメイクしてくれねーかな、レッドカンパニーさん? お気に入り度★★★★。
ファイアーエムブレム外伝
  ジャンル:SRPG 機種:ファミコン
シミュレーションRPGのパイオニアの第二弾。
前作とはシステム点で大きく違い、この後に出たシリーズとも比べてみても この外伝を元にしたシステムはほぼ受け継がれていない。
大きく違う点は2つ。一つは武装の耐久度が存在せず、壊れないと言うこと。 魔法はHPを消費して使うことになっている。
もう一つは、世界マップが存在し移動ができること。コレにより何度も攻略できるマップができレベル上げが容易になった
ちなみに後者はGBA版のソフトの一部に受け継がれている。
今となってはファミコンと言う媒体でしかでてないので、プレイするには少々難しいゲームではあるが、ストーリーも良くできておりやってみる価値はあるゲームだと思う。
ふと気付くと、Wiiのヴァーチャルコンソールで遊べるようになったようだ。
お気に入り度★★★★。
ファイアーエムブレム覚醒
  ジャンル:SRPG 機種:ニンテンドー3DS
と言うことで、ファイヤーエムブレムシリーズの3DS版第一弾。
ストーリー、システム面での特徴は公式サイトで確認してもらうとして、とりあえず言っておくべきことは「過去シリーズのいいとこどり」のシステム面。
外伝、聖魔の光石以来の世界マップ導入により、キャラクター育成の自由度が大幅に増した点や、聖戦の系譜にあった結婚システム、最近のシリーズで導入されるようになった(らしい)難易度の設定や負けた仲間が死なないカジュアルモードなどなど、まさしくいいとこどりの逸品。
今作独自のシステムがデュアルシステムとダブルシステム。スパロボシリーズをやってる人間にはわかるが、前者は援護攻撃(防御)、後者はOGSのツインバトルシステムとそっくり。使いやすさは、FE覚醒の方がはるかに上だが。
覚醒の名にふさわしい、シリーズを集大成した上でその先を行く、ファイヤーエムブレムの代表作の一つと言っていいんじゃないでしょうか。 お気に入り度★★★★★。120613記
ファイアーエムブレムif 白夜王国
  ジャンル:SRPG 機種:ニンテンドー3DS
どうやら、ファイアーアムブレムifの世界では知人を部屋に招き入れて撫でまわして親交を深める風習があるようですよ、男女問わず。とりあえず、発売前にCMしていたスマホゲーム「バトルガール」を思い出す。
今回遊んで一番驚いたのはそれなんですよね。白夜王国、暗夜王国、インビジブルキングダムと3つに分かれるシナリオは差し置いて。いや、ちゃんと仲間との親密度によって能力にボーナスが付いたり結婚して子供が生まれるんでその補助システムとしては面白いけど正直軽く引いたわけで。逆に言えば軽くしか引いてないんですけどね! ちなみにいやだったら無理に撫でまわさなくても親密度は上がるのでその辺は安心。あと、子供が生まれることでシナリオに変化があるわけではないので、クリア後の後日談に「子供が生まれた」という程度でもよかったかと。
システム的には覚醒の正統進化で、変更点はオリジナルの街をつくれること。と言っても建物の配置などを好きに設定できる程度ですが。とは言え買い物するのにマップ上を移動する手間がなくなったのは良いね。
シナリオは侵略してくる暗夜王国にさらわれ王子として育てられた主人公が故郷の白夜王国に帰り、暗夜王国の侵略を打ち破る話なんですが、白夜王国に戻る理由付けが正直弱いかと。暗夜王国で他の兄弟姉妹と仲良くしていて、それ以前の記憶を失ってるせいもありますが、突然白夜王国の血のつながった兄弟姉妹たちに「一緒に戦おう」と言われても普通は暗夜王国に帰ると思うんですがね。せめて幼いころの思い出があってその描写があればまだしもねぇ。
若干の謎を残しながらも、とりあえずは白夜王国の侵攻を防ぐという話はちゃんと完結しますが、あくまで白夜王国、暗夜王国、インビジブルキングダムの3つのシナリオの1部という感じがするので3つ全部遊ぶには面白いと思いますよ。。 お気に入り度★★★。150729記
ファイアーエムブレムif 暗夜王国
  ジャンル:SRPG 機種:ニンテンドー3DS
上記のファイアーアムブレムif白夜王国の対になる物語。対になるので一部マップは共通だったりしますが、ストーリーとしては別物。暗夜王国の王がなぜ白夜王国を侵略しようとしたかがちょっとだけ明らかになります。
システムは白夜王国と基本的に同じですが、フリーマップを使っての育成ができなくなったので難易度が上がっているのが特徴。キャラごとに成長率が違うので下手に成長しにくいキャラを使ってしまうと後々苦労するのが昔ながらのファイアーエムブレムらしくて良いですね。気にいったキャラクターが成長率低いと悲しいけどね!
ファイアーエムブレムifに登場したキャラに似たキャラが何人かいますが、その辺のストーリーは無料配信されている外伝に参加させるとある程度明らかになります、覚醒を遊んでいれば。まあ、ファンサービスですけどね、ニヤリとさせる。
有料DLCにはこの暗夜王国でも、キャラクタを育成できるシナリオがあるのでやり込みたい人はそちらを購入するのもありかと。 お気に入り度★★★。150825記
ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王
  ジャンル:SRPG 機種:ニンテンドー3DS
ファイアーエムブレム外伝のリメイク作。3DS出のリメイクですが、システム面は覚醒やifの延長線上ではなく、あくまで外伝の延長上という感じですな。

最大の変化はやはり、グラフィックなんですがそれ以外の変化は、シナリオ面ではおおむね同じですが、何名か敵味方ともに新キャラが増えてます。ぶっちゃけ居なくてもそんなに問題ない程度の存在感ですが。

システム面では武器の強化ができるようになったのが一番大きな変化かと。その他武器に熟練度が設定され熟練度に応じて技を覚えるようになったのだが、技を覚えた武器でしか使えないのと、代償としてHPを使うので使いどころがなかなか難しい。まあ、使わなくとも何とでもなるしね。

他には、サブクエストが用意されサブクエストをクリアすることで武器やアイテムなどの報酬を手に入れることができるようになったり、外伝でもあった一部2Dマップがダンジョンとして作り直され探索要素が追加されたことなどですかね。
クリア後の隠しボスや有料DLCでやりこみ要素も追加され、さらに超上級職ともいえるクラスが同じく有料DLCで追加されたりと、そこまで強くして何と戦うんだろうと。隠しボスもその超上級職にならなくても何とでもなりますしね。

友好度によってキャラクター同士の会話が追加されたのでキャラクター性が増したところも良いですな。
お気に入り度★★★★。170519記
ファイナルファンタジーエクスプローラーズ
  ジャンル:アクションRPG 機種:ニンテンドー3DS
アクション要素のあるMMOタイプのRPG。MMOと言っても同時にクエスト挑戦できるのは最大4人までだけど。
基本アクションだけれども、アビリティの組み合わせや使うタイミングで戦闘が有利になったり不利になったりとアクション一辺倒でもないバランスにはなってます。まあ、結構ゴリ押しでもなんとかなりますが。
ストーリーに関しては色づけ程度で、受注したクエストを淡々とこなしていくタイプのゲームですが、そのクエストにもフレーバー付け程度ですが、依頼者からの事情がちゃんと設定してあるのは良いところですな。
クエストの数自体も結構ボリュームがありますが、似たようなクエストもあるんでそういうのが嫌いな人には向きませんな。
色んなジョブを鍛え上げたり、アビリティのカスタマイズの組み合わせを考えたり。素材を集めてアイテムを作り込んだり、オンラインで一緒に遊べる人が居ると面白いと思いますが、そうでないと楽しめないかと思います。
個人的に一番残念なところは3DSのゲームでポリゴン表記なのに、3Dに対応してないところですかな。
お気に入り度★★★★。記:150120
ファイナルファンタジー4
  ジャンル:RPG 機種:ニンテンドーDS
スーファミの初期名作RPGのリメイク。
グラフィックはポリゴンによる3D表記で臨場感&かわいらしさがアップ。システム面では戦闘がオートで進められることもあって大変便利に、シナリオは以前語られなかったキャラクターの過去が掘り下げられ、音楽は主題歌までつくと言う大幅なパワーアップを果たした。そして定価は2/3に。(笑)
ポリゴン人形が気に入らないと言う人には向かないが、最近のFFはリアルすぎて気持ち悪いんじゃ~、と言う方にはかなりお勧め。なお初期出荷が少なめなようなので(知り合いのところでは100本注文かけて16本しか入荷しなかったと言う)買おうか迷ってる人は見かけたら買っとけ。
お気に入り度★★★★★。
ファイナルファンタジーⅩ-2
  ジャンル:RPG 機種:プレイステーション2
始めて、一時間でノリについていけず断念!
ある人はいう、「FF10クリアした人はやっちゃ駄目」。
またある人は「FF10やってないと話がわからない」という。
…どうしろと?  お気に入り度★。
ブランディッシュ
  ジャンル:アクションRPG
機種:スーパーファミコン
パソコンから移植のファルコム名作RPGと思っているのだが、世間の評価はそう高くないようで残念。
主人公がとある事故で迷宮に落ちて脱出するついでに事件を解決しちゃうというお話。
パッケージから女魔導師が主人公な雰囲気だが、実は違う。
彼女は主人公を仇と追ってくるヒロイン的な人です。
システム的には見下ろし方ダンジョンアクションRPGなのだが、 主人公は常に背中を向けており、方向を変えたら背景が動くという 3Dダンジョンのような一風変わったシステムで、慣れるまでは少々戸惑う。
イースや英雄伝説はもういいからこのシリーズを家庭用ゲーム機に移植してくれ。
09年2月3月19日PSPにて完全リメイク!! お気に入り度★★★★。
ブランディッシュ2
  ジャンル:アクションRPG
機種:スーパーファミコン
祝!!PSPにて1が完全リメイク!!この時を待っていた!
と言うことで、今回は2のお話で。ブランディッシュの完全なる続編で主役も世界も一緒。
前作のボスを倒した主人公アレスはゴッツイ剣を手に入れていたのだが、とある国をあるいているとその剣の力を狙った者に襲われ、あっさりと投獄されてしまう。そこから脱獄しようとするところから始まる。
基本システムはそのままに大幅に遊びやすくなっており、マップボリューム、アイテム数など全て大幅パワーアップ!
こいつもちまちまとやりこんだもんですよ。1がPSPでリメイクされるのでこいつがリメイクされる日もそう遠くなさそうだ。 お気に入り度★★★★★。
ブランディッシュ ダークレヴナント
  ジャンル:アクションRPG
機種:プレイステーションポ-タブル
と、言う事でついにリメイクされたブランディッシュのPSP版。
ストーリー、基本的なシステムは変更なくグラフィックが大幅に強化。マップの踏破度に応じてアイテムが手に入っ足りするやりこみ要素も追加された。
さらに今回最大の追加要素はクリアした後にあるドーラ編。ストーリーの一番最初に主人公アレスと一緒にダンジョン奥底に落ちるのだが、たどり着いた場所はまったく別物。まったく違うダンジョンを楽しむことが出来る。
しかもそれがアレス編を一度クリアしていること前提の高難度。デストラップに継ぐデストラップ! 果たしてクリフはクリアできるのか!?
お気に入り度★★★★★。090827記
ブレイブサーガ2
  ジャンル:シミュレーションRPG
機種:プレイステーション
前述のブレイブサーガの続編。
前作の面子に加えてガオガイガーとオリジナルの新ロボ、ヴァリオンが参戦する。
フルボイス化されたが個人的にはすごい不評。
システムで音声カットできなかったと記憶している。ダラダラと長台詞を固定画面で見せられるのはチョイト我慢できんかった。
そのほかの変更点として、ガッツシステム(?スパロボで言うところの気力に当たるもの)が追加され、これをためることで必殺技などが使えるようになった。 また、前作のセーブデータとも連動しており、コンバートすると隠しキャラや追加シナリオが遊べるようになっている。
ロードやらなんやらかんやらで個人的には結構やりにくいゲームだった。 お気に入り度★★★。
ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル
  ジャンル:コマンドタイプRPG  機種:ニンテンドー3DS
名前こそ違うが、紛うこと無きファイナルファンタジー。しかもワシが好きだった6以前の雰囲気を保ったファイナルファンタジー
ストーリーはクリスタルを崇める習慣のある世界で、武力、陰謀をもってクリスタルへの信仰をやめさせようとしているエタルニア公国とそれに反するクリスタルの巫女とその仲間たちの物語。クリスタル側が主人公ね。
これだけ聞くとシンプルな感じがするけれども、結構様々な謎が秘められてますよ。
システム面は成長システムはファイナルファンタジー5のジョブシステムを継承進化したもので、特徴的なのは戦闘システム。
タイトルにもなっているブレイブ、デフォルトという行動で、次以降のターンの行動を前借できたり、あるいは防御している間の行動回数をため込んで、1ターンの内にその前借したりため込んだりした行動をまとめ行うことができる。
これがなかなか戦術だけでなく、ジョブや習得できるアビリティの組み合わせにも絡んできて、実に面白い。
その外のシステム面も戦闘早送りやオート戦闘、イベントの再観賞、さらには敵の出現率の調整などまでできて実に遊びやすい。
スーファミまでのファイナルファンタジーは好きだったけど、最近のは何か違う。と思っている人や、DS版ファイナルファンタジー4が楽しめた人には間違いなくお勧めできる1本ですな。 
お気に入り度★★★★★。140225記
ブレスオブファイア2
  ジャンル:RPG 機種:スーパーファミコン
カプコン発、この世界に出てくる人物はほぼ獣人、植物人と言う特殊な世界観のRPG第二弾。
1の数百年後(?)の世界が舞台になっており、前作をやった人もやってない人も十分楽しめるデキ。ちなみにワシは前作を序盤のダンジョンの広さにくたびれて投げ出した人(笑)
釣り、狩りなどサブイベントも多く、精霊との組み合わせで仲間を強化できたりと、現在のRPGに繋がる要素も多いが、今ひとつ未消化なイベントもあるのが残念なところ。
魅力的な仲間が多く、ワシはリンプーと言う虎娘にはまってたなぁ。
現在ゲームボーイアドバンスにも移植されている。 お気に入り度★★★★。
蓬莱学園の冒険
  ジャンル:RPG 機種:スーパーファミコン
南海に浮かぶ東京都蓬莱島、そこには蓬莱学園と言う名の巨大学園が存在していた…。
ちょっと違うかも。取り敢えず学園生活RPGで主人公は転入生で「蓬スポ」と呼ばれる新聞部の一つに入部し いろんな事件を追っていくのだ。
小説やTRPGでは中村博文さんの美麗な絵だったのだが、このゲームでは採用されず残念。 ゲームシステムとしてはFFやDQの良いトコ取りと言った感じで、良く考えてあるが今となっては少々古臭い。
不思議な学園生活を堪能しようとして買っては駄目です。 お気に入り度★★。
ボカンと一発!ドロンボー!
  ジャンル:シューティング
機種:プレイステーション
タイムボカンシリーズの悪役のメインメカを使って、ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーのドロンボー一味が歴代善玉ヒーローを相手にがんばるギャグシューティング。
タイムボカンのテイストギャグが前編にちりばめており、各面のボスは当然善玉の大型メカ。また、要所要所でアニメが入りドロンボー一味のがんばりようがよく分かる。
贅沢なことに、中盤からドロンボー一味一人一人に専用メカが追加され、それがまたイカスデザインになってて良い感じ。
のちにセガサターンにマップと主題歌の追加された「完璧版」が移植されたが、残念なことにアニメの画質が落ちていた。それでも、個人的にはSS晩をお勧めする。さらにPSで「ボカンですよ」なる続編が発売されたが、全ての面でパワーダウンしており正直お勧めできない。 お気に入り度★★★★。
マグナカルタ
  ジャンル:RPG 機種:プレイステーション2
韓国産RPG。キム・ヒョンテの描く美麗なキャラを見事にポリゴンで再現したRPG。
戦闘システムは少々特殊でタイミングを合わせてボタンを押していかねばならんので、 慣れるまで時間がかかり、終盤には面倒くさくなる。 やはりRPGはドラクエのようなコマンド式が一番。
ストーリーはほどほど良いが、隠し要素やクリア特典が皆無なのでいっぺんやったら飽きたんで、 珍しく早々に売り飛ばした一本。 お気に入り度★★。
マグナカルタII
  ジャンル:RPG 機種:XBOX360
上記の前作とタイトル以外はまったくの別物。今回は「マグナカルタ」と呼ばれる英雄にまつわる御話。
戦闘システムはシームレスなアクションになっているけど、やれることが徐々に増えていくので苦手な人でも問題なく遊べるレベルの難易度になっております。
メインストーリもしっかりしており、サブクエストも充実。アイテム作成などやりこみ要素もありよい感じ。
ストーリーはやや短めで、ワシのクリア時間は40時間強ほどでした。
ムービーもしっかり有るが、一つ一つが長くないので快適。イベントシーンの会話もボタンで飛ばせるのでだらだらとイベントを見るのが嫌いなワシとしては非常に遊びやすかった。
欲を言えばHPなどで詳細なキャラクター設定が公開されているのだが、ゲーム中でも見ることが出来ればよかったんですがね。 お気に入り度★★★★。記090909
マジカルドロップⅢ 取れたて増刊号!
  ジャンル:パズル 機種:セガサターン
上からせり出してくるドロップを同じ色同士くっつけて消してくアクションパズル。
使用できるキャラはそれぞれタロットカードからイメージされたキャラクターたちで、 対戦アクションパズルの付き物の対戦前ショーも実に楽しい一品なのだが、 3を最後に続編が出ないのが残念。
例によって発売元が倒産したからなのだが、 版権を買い取った会社があるのでそこが続編を出してくれないかと期待。
というか、最近こういう対戦アクションパズルの続編をほとんど見かけなくなったな~。 お気に入り度★★★★★。
魔神転生2
  ジャンル:SRPG 機種:スーパーファミコン
女神転生シリーズの一つでシミュレーションRPG。
ファイアーエムブレム系のゲームにメガテンらしさを詰め込んだ良作で、 ロウ、カオスなどの属性によってストーリーが変わるので全マップを拝むのは非常に困難。
隠しアイテムも多いので、やりこみ度は非常に高いゲームかと。
お気に入り度★★★★。
マスエフェクト
  ジャンル:アクションRPG 機種:XBOX360
いわゆる洋ゲーなサードパーソンビューアクションRPG。
宇宙を股にかけた壮大なストーリーがスタートレックシリーズを髣髴とさせるSFRPGで、面ストーリーを追うだけならば10時間程度で終わってしまうものの、そのサブクエストの充実っぷりがすごい。
ソレこそ「薬を買ってきてくれ」というお使い的なものから、小惑星衝突の危機を救うという壮大なものまで多種多様に用意されていてなかなかやりがいがあります。
世界観の設定もこと細かくされており、情報を入手するとファイリングされちゃんと読むことができるのも良い感じ。また読まずにすっ飛ばすのもゲーム上に支障が無いのもよいね。
地味に良いところが、360はやりこみ要素として「実績」と言うのがあるのだが、他のゲームでは実績を解除してもスコアがたまるだけで、何も無いのだが、マスエフェクトでは解除した実績に応じて次に作る新キャラクターに特殊能力が付加されるというのが良いところ。他のゲームも見習ってもらいたい。
これだけでも壮大な事件は無事解決するのだが、構想では全三部作らしく、海外では2もでているのだが日本では未発売なのが残念なところ。
お気に入り度★★★★★。記100612
マリー&エリー ~ふたりのアトリエ~
  ジャンル:RPG 
機種:ワンダースワンカラー
アトリエシリーズでは一番影が薄く、ワシが唯一やったことがあるもの。 もっともクリアーしてないのだが。
1,2のそれぞれの主人公、マリーとエリーが共同してアトリエ経営をしていくわけだが、 シリーズ初心者のわしには手におえんかった。
しなりお、システム、グラフィックなど、良くできており面白いのは面白いのだが、 やっぱりこういったじっくりやるタイプのゲームは、 携帯機ではちと厳しいのではないか?   お気に入り度★★★
御神楽少女探偵団
  ジャンル:アドベンチャー 
機種:プレイステーション
明治、大正時代を背景にした探偵推理物のアドベンチャー。
普通の探偵物と一線を画す「トリガーシステム」なるシステムが特徴。 簡単にいうと怪しい証言に突っ込みを入れるシステム。
探偵物が好きならやって損は無いかと。
お気に入り度★★★★
無双OROCHI Z
  ジャンル:アクション  機種:プレイステーション3
魔王オロチが頑張って、真三国無双の世界と、戦国無双の世界を融合させちゃいました。がんばれ両世界の英傑たち。と言うお話。
よく考えれば、これもHDリマスターだな。と、新作発売直前に思い返してみる。
大本はPS2で2本別々で発売されていたゲームを「Z」では、360に移植された「無双OROCHI魔王再臨」をベースに、PS2で発売された無双OROCHIをHDリマスターして、2本一緒にまとめちゃいました。さらに新キャラクターを追加して。
1本にゲーム2本入って相当にボリュームてんこもり。プレイアブルキャラクター総数90以上、 シナリオマップ数も110を超え、やりこみ要素も多数、相当に長い時間遊べます。
デモや戦闘中はHDリマスターしてあるため気になりませんが、OROCHIの会話シーンのグラフィックが少々あらが目立つのが残念なところ。
ボリュームありすぎて、2がこのボリュームを超えられるのかが少々不安。
個人的なことだけれども、1周一通りクリアして、さあやりこむぞというところでPS3が壊れて、データが消えてしまったんで少々心に傷を負いました。
お気に入り度★★★★★ 記111214
無双OROCHI2
  ジャンル:アクション  機種:プレイステーション3
と言うことで、上記の完全なる新作続編。前作でオロチを倒した後、融合した世界でそれぞれが新しい暮らしを始めていたところ、超巨大な蛇があらわれて、たった3人を残し、無双武将はほぼ全滅。大ピンチ、オヨヨと言うお話。
ストーリーは基本1本道で、サブストーリーが花を添えるという感じですが、クリアタイミングによってエンディングは3種類用意されてます。
前作、真三国無双6、戦国無双3Zなどの追加キャラクターだけでなく、コーエーテクモの他のゲームのキャラまで参加し、プレイアブルキャラクター131人と少々とんでもないことに。それぞれキャラ付け、モーションが違うのが凄いなぁ。
シナリオ数は流石に減ってしまったものの、全70本で前作のように各勢力でストーリーが分かれているわけではないので、ボリューム感はなかなかあります。
今回、キャラクター同士で友好度があり、それぞれに特に仲の良いキャラが設定してあるんですが、意外なキャラ同士が仲良かったりと、普段のシリーズではなかなか味わえない絡みが会って面白い。
ちなみに弓兵の攻撃が強く、難易度が上がると一気に難しくなるタイプの無双です。 お気に入り度★★★★★ 記120125
無双OROCHI2 Ultimate
  ジャンル:アクション  機種:プレイステーション3
と言うことで、上記のパワーアップ版。ストーリーモードのシナリオも増えて、アンリミテッドモードという別モードも追加され、それに合わせて新キャラクターも9人ばかり追加されてます。まあ、PSP版やWii版で追加されたキャラも含まれているんで、PS3版から純然に増えたのは14人ということですか。しれっと三国6エンパイアから徐庶も参戦してますが。
追加されたストーリーは無双オロチ2の後日談。その後日談の中で過去にさかのぼり、どうして遠呂智様が誕生したかの謎が解明します。とは言え妲己と遠呂智様の出会いは描かれないんで、その辺は続編で描かれるかも知れませんな。新キャラクターがそのシナリオに大きく絡んでくるかといえば、キャラによってまちまちですが。
で、新モードのアンリミテッドモードは基本ストーリーは無く、階層となっているマップを延々とクリアしてく感じです。ストーリ無くは無いんですが。利点としては武器を強化するための素材集めが主な目的。あとはキャラのLVUPが主な目的ですか。
このアンリミテッドモード、ストーリーモードとシステム自体も変わっていて、詳しくは公式サイトをもてもらったほうがいいんですが、ストーリーモードとは変わった楽しみ方ができるのが良いね。
前作では若干の不満点だったボリュームが大幅に解消されているので、無双シリーズが好きな人には間違いなくお勧めできる一本になっているかと。
とりあえず新キャラの中では九尾の狐がお気に入り。性能的にというわけでなくデザイン的に。あの尻尾を思う存分モフりたい。 お気に入り度★★★★★ 記131211
メタルマックス2
  ジャンル:RPG  機種:スーパーファミコン
タンクなRPG。詳しくはメタルの間参照。
今までの人生で一番やりこんだゲーム。
お気に入り度★★★★★
メタルマックス2:リローテッド
  ジャンル:RPG  機種:ニンテンドーDS
ということで上記のリメイク。正直発表された時は今更感が非常に強かったんですが、実際遊んでみると、当時の魅力は色あせることなく、むしろパワーアップしてる。
まあ、リメイクなんでパワーアップしてて当然なんですが。
基本システムは3のものほぼそのままで不便だった点が改善されているほか、それぞれのキャラがメイン職業以外にサブ職業を選択できるようになってます。これで戦術の幅が大きく広がってます。
旧作と大きく変わっているのがマップの広さ。アバウト1.5倍。当然ダンジョンやイベントも追加されていて、ボリュームは3倍以上と思われます(個人の感想です)。
戦車の改造パターンも増えていてますます、やりこみの幅が広がってます。
まあ、レッドウルフが最強クラスなのは変らないんですが。
お気に入り度★★★★★ 記120307
メタルマックス3
  ジャンル:RPG  機種:ニンテンドーDS
ということでいくつモノ苦難を乗り越えて、ついにMM3が発売されました。
当然全ての面でパワーアップ。戦車は全部で12種、うちバイクが3種と言うのはちょっと笑えますが、個性的な戦車が揃ってます。
賞金首も全30種。うち4種はクリア後に会えるシステムで、多くの賞金首が強力な装備をレアアイテムを落とすのでそれを狙ってリトライの嵐。
いや、そこまでしなくても十分クリアできるんですが、より強い戦車を作り出すために労苦を惜しまないのがファンと言うモノ。何の苦労があろうものか。
ちなみにクリア後に所持アイテム、レベルを引き継いで遊べます。 お気に入り度★★★★★ 記100901
メタルマックス4 月光のディーヴァ
  ジャンル:RPG  機種:ニンテンドー3DS
発売一年以上たってやっとこさクリアしました。
システム面ではDSで発売された2リローテッドの正統進化で、グラフィックはポリゴンに。ただ、立体視には一部しか対応してないという。個人的は残念な感じです。 一部イベントシーンがアニメなんですが正直アニメでなくともよかったかと。
当然全ての面でパワーアップ。戦車は全部で12台所持でき、うち3台はそれぞれ何種類ある中からの選択式で、自分の好みに合わせて選べるのが良いところ。一部戦車は有料DLCで、別の車にすることも可能。
ということで、メタルマックス4は非常にDLCが多く、戦車は専用のものが9種、賞金首は30種以上、旧シリーズからの出張キャラや、キャラクターの見た目を変えるものなど多数用意してあるのが特徴。そしてそれらに頼らなくても十分に楽しめるだけのボリュームがあるのが良いところ。
賞金首も全35種。うち7種はクリア後に会え、さらにその中の何種かは、2周目以降に選べる難易度の高いものをクリアしないと出会えないという凝りよう。
そんなわけで周回プレイもよく考えてあり、引き継ぐものを選択できるほか、クリアするたびに高いものが選べるようになるので、鍛え上げてより強い相手に挑戦できるというのも素晴らしい
メインストーリはさらわれた恩人を助け出すという感じですが、メタルマックスではメインストーリーは有って無いようなもので、それほど気にならないかと。サブイベントも多量に用意されていて非常にやり込み要素の強いゲームになってます。
お気に入り度★★★★★ 記150624
メトロ2033
  ジャンル:FPS  機種:XBOX360
なんつーかものすごい久しぶりな、ファーストパーソンシューティング。
同名のロシア小説を原作にしたゲームですな。原作本は10年6月発売。
核の冬の訪れたモスクワの地下鉄駅で細々と暮らす人類。主人公アルチョムの暮らす駅には「ダークワン」と言う謎の恐怖が迫っていた。そんな故郷を救うためにアルチョムは旅に出る。と言う感じのお話。
1週のプレイ時間8時間程度。FPSってこんなに短いもんやったっけ? と感じますが、不思議と物足らない感はありません。 しっかり作りこまれた世界感。メリハリの利いたステージ。自分がアルチョムであると感じさせるシステムが、充実した満足感を与えてくれると思います。
プレイして驚くのが主人公アルチョムのタフっぷり。ボーっとしているだけでアサルトライフルで蜂の巣にされた傷が回復する。なんつーか、放射能を逃れて地下にいるはずなんですが、確実に影響を受けてる気がします。
とりあえず何も考えずにプレイすると真のエンディングにはたどり着けないようで、攻略サイトを確認して初めて真エンディングがあることを知る始末。うん、今から真エンディング目指して頑張ります。
お気に入り度★★★★記100527
メリクリウスプリティ
  ジャンル:育成SLG  機種:ドリームキャスト
錬金術にて、ホムンクルスを育てる育成ゲーム。 とはいっても他の育成SLGとシステム的に育成面では変わるところはほぼ無い。 一日のスケジュールをくんで、教育していくわけだ。
特殊な点として、ホムンクルスの成長に合わせて、話が進むようになるアドベンチャーモードがある、 というかそれを進めることが基本的な目的のはず?
唯一まともにプレイし、クリアした育成SLGなんで思いいれも結構深い。 ホムンクルスのおばかで純粋な反応を楽しむゲーム。  お気に入り度★★★★★
遊星からの物体Xエピソード2
  ジャンル:アクションアドベンチャー
機種:プレイステーション2
名作ホラー「遊星からの物質X」の続編。
グラフィック、システム、ストーリーともに可も無く不可もなくといったところか。 操作性にはやや難あり。
最大の魅力はセーブ容量のやたらでかいところ。 アクションアドベンチャーのくせにPS2専用メモリーカードの容量を 2000以上も使うという大ボリュームの困ったチャン。
ゲームをしていて、その容量が何に使われているか良くわからないのがもう一つの魅力。  お気に入り度★★★
REVIVE~蘇生~
  ジャンル:アドベンチャー  機種:ドリームキャスト
慟哭と同様のシステムを搭載したシリーズ第二段。
もっとも、このゲームの発売後しばらくして発売メーカーのデータイーストは 倒産してしまったためシリーズといってもこれ以降は出ていない(涙)。
ちなみにパソコン版も発売されており、そちらは別メーカから18禁として発売されている。
えー、基本的にやることは慟哭と一緒なのだが、こちらのほうがマップが広いため移動が面倒くさく感じる。
お気に入り度★★★
龍が如く OF THE END
  ジャンル:アクションアドベンチャー  機種:プレイステーション3
なんでもかんでもゾンビモノにすりゃあ良いってもんじゃねぇぞ!
そう思ってたころが、俺にもありました。
いや、遊んでみるまでは否定的だったんですがね、コレガなかなかに面白かったです。ちゃんとゾンビモノでしたしね。
お話は、龍が如くのメインの舞台だったらしい(シリーズ他作品はやってないのでヨクワカリマセン)神保町にゾンビがあふれかえってさあ大変。と言うお話。
ストーリーは大きく4章に分かれていて、章ごとにプレイキャラが変ると言うシステムで、それぞれのキャラが個性的で大変宜しい。最初に遊ぶ第1章のキャラが外見、性格、操作性ともになじみやすいキャラにしてあったのもポイント高し。
街にゾンビがあふれかえるゾンビゲームといえばデッドライジングシリーズがおなじみですが、デッドライジングは格闘戦が主体なのに対し、こちらは射撃戦が主体なのが爽快感高くてよろし。
お気に入り度★★★★★記111130
レイディアントシルバーガン
  ジャンル:シューティング  機種:セガサターン
シルバーガンと呼ばれる戦闘機でハイスコアを狙え!なシューティング。
基本攻撃3種、ボタンの組み合わせで最大7種の攻撃方法を持つ。 同じカラーリングの敵を続けて倒し続けることでスコアが跳ね上がっていくシステムが特徴といえば特徴。
何気にすさまじいプレミア価格が付いてたりするが、 へっぽこシューターなワシはいまだにノーコンティニュークリアすら出来ない。 お気に入り度★★★★
ローグギャラクシー
  ジャンル:アクションRPG 
機種:プレイステーション2
ドラクエ8を製作したレベル5作成という鳴り物入りで発売したアクションRPG。
スペールオペラの重厚なシナリオに多彩なキャラクター、武器合成、サブシナリオなどなど、 RPGとして実に良いできになっております。
若干戦闘が単調な点がマイナスポイントだが、それを差し引いても十分なでき。  お気に入り度★★★★
ロストヒーローズ ボーナスエディション
  ジャンル:3DダンジョンRPG 
機種:ニンテンドー3DS
通常版は3DSとPSP版が発売されてたけど、プレイしたのはロストヒーローズ2に初回特典として付属していたバランス調整のされたボーナスエディションですな。
仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダムらの競演するコンパチヒーローシリーズで、ストーリーとしてはキューブという謎の閉鎖空間に力を失った状態で隔離されたヒーローたちが、謎を解きキューブから脱出をするという話ですな。
クロスオーバーもしっかりあり、スパロボにはない原作を超えた合体技もあるのが高ポイント。仮面ライダーオーズとウルトラマンタロウの「タジャドルダイナマイト」などなど。
戦闘のバランスはどちらかと言えば厳しめ。普通の成長させながら進めても雑魚戦で油断をすると全滅することがある程度には厳しめで、コンパチヒーローシリーズというと子供向けという印象でしたが、割とターゲットとする年齢層は高めなのかもしれませんな。
当然登場するのはヒーローたちだけでなくサブキャラクターたちも登場し、そのサブキャラクターが仲間になったり、敵を倒した時に確率で手に入る「チップ」を集めることで強化スキルなどが手に入るのだが、常時発動の物はともかく戦闘中に使う強化タイプのものは効果が今一つの上、効果時間も短いため今一つ使い買いが無く、攻撃スキルを使ったほうが効果的というバランスがちょっと残念。
4人パーティで一人が全体回復をしつつ、他の3人が攻撃をするということで事足りる。
記:150527 お気に入り度★★★
ロマンシングサガ2
  ジャンル:RPG  機種:スーパーファミコン
フリーシナリオRPGのパイオニアとして発売された「ロマンシングサガ」の第二弾。初代ロマサガは正直バグが多く、「商品としていかがな物か」的なソフトだが、これはそれの反省が生かされたのか非常に完成度の高いゲームになっていると思う。
主人公は帝国の皇帝となり、世界を統一することを目的とするのだが、記憶と能力を受け継ぎ次から次へと世代交代していく、壮大な物語となる。
1や3と違い主人公が一人なのでストーリーのブレが少なく目的がわかりやすいのも良い感じ。
やりこみ要素も非常に高く、据え置き型のサガシリーズでは一番遊んでいる。というか、今でもたまに遊びたくなる。
聖剣伝説3と並んでスクエニのリメイクして欲しいゲームのトップクラスなのだが、「ミンストレルソング」のようなリメイクは少々勘弁して欲しい。  お気に入り度★★★★★
ロマンシングサガ2(Vita版)
  ジャンル:RPG  機種:PSVita(ダウンロード専用ソフト)
ということで、上記の移植版。と言ってもミンストレルソングのような3D化などをする完全リメイクではなく、背景の細密化、一部モンスターのアニメーション、クラス、ダンジョンの追加といった一部強化移植版と言った感じです。
シナリオは特別新規に追加されることもなく、2つ増えたクラス、忍者と陰陽師も追加されたダンジョンで仲間になるので、SFC版の攻略方法がほぼそのまま使えるのは安心ポイントですな。
この新規ダンジョンがまた便利で、ロマサガは戦闘に入れば入るほど敵が強くなり弱い敵が全くでなくなりますが、このダンジョンは階層ごとに敵の強さが決まっていて、逃げまくって通常の敵が強くなりすぎて歯が立たなくなってもこのダンジョンで育成が安全にできるという。
あと、入るたびに宝箱が復活するので不足しがちな予算の心配もなくなるという素敵なダンジョンですな。
また、「強くてニューゲーム」もあるので繰り返し遊ぶのもらくちんでよいです。
スマホ版も出てるのでPSVita持ってなくても遊べるのは良いですな。
お気に入り度★★★★★ 記:161214
ロマンシングサガ ミンストレルソング
  ジャンル:RPG  機種:プレイステーション2
フリーシナリオRPGのパイオニアとして発売された「ロマンシングサガ」の完全リメイク版。
バグ修正、一部イベント追加のワンダースワン版ロマンシングサガと違い、PS2の能力を生かした3Dポリゴンでグラフィックを一新。発売前から「キャラ怖っ!(主にシフ)」と大評判(?)でした。
で、かく言うワシも「キャラ怖っ!(ガラハドさんがガラハゲさんに!?)」などといって敬遠していたのですが、実際やってみると面白い。ポリゴン三頭身キャラたちも見慣れてくると可愛く見えてくるし。イベントなどで表情豊かに動いてくれるのも感情移入しやすくてよい感じ。
システム面も今までのサガシリーズをパワーアップして、且つ遊びやすい形に昇華してあり、初代で困った「使った武器で覚えた技はその武器でしか使えない」ということもなく非常に遊びやすくなってます。
やりこみ要素も非常に高く、クリアするたびに経験値(のようなもの)の入手量を引継ぎしていったり、複数回クリアしないと見れないイベントなどがあって、良い感じです。 お気に入り度★★★★
RONDE -輪舞曲-
  ジャンル:シミュレーションRPG 
機種:セガサターン
魔神転生シリーズの第3段にして忌み子なかわいそうなソフト。
そのわけはグラフィックやサウンド面がいろいろとひどいことになっているため。特にイベントシーン戦闘シーンで使われるCGモデルが当時としてもひどい出来で、柳澤一明先生のかっこいいキャラデザインがまるで生かされてないのが非常に残念。
そんなソフトで体験版などを出したものだから、前評判は駄々下がり売り上げ的にさっぱりでした。
まあ、演出面ではさっぱりなできでしたが、システム面シナリオ面はそれなりで、コンダクターと呼ばれる召喚師によって、召喚できる悪魔の種族が違うなどいろいろとこった作りでした。
難易度は高めで攻略本が無いと厳しいかも。正直なところ人にお勧めできるゲームじゃありませんが、個人的には結構好きです。  お気に入り度★★★
ワイルドアームズ
  ジャンル:RPG  機種:プレイステーション
プレイステーション初期のRPG。 当時はFF7が同時期に発売予定で、それまでのつなぎソフト的に思われていたが、個人的には 上回る面白さである。
ダンジョンもパズル要素が強く、ぶっちゃけ 謎解きのために攻略本を買ったのはこのゲームがはじめて。
シナリオも実に良く出来ていて、近年PS2にてリメイクされた。 お気に入り度★★★★★
ワイルドアームズ2nd イグニッション
  ジャンル:RPG  機種:プレイステーション
上記の続編、といってもストーリー的な続編ではなく、構成要素のフレーバーが共通な続編。用語とか、システムなどね。FFタイプ。
CD2枚組みになりボリュームも大幅アップ、システムも大幅パワーアップしており、かなり良い感じ。デモ不思議なほどやりこんでいない。一回クリアしたきり、何でだろう?
今回は変身ヒーローのおはなしです。 お気に入り度★★★★★
ワイルドアームズ アドバンスドサード
  ジャンル:RPG  機種:プレイステーション2
と言うことでプレステ2で出た3作目。当然全ての面でボリュームアップ。
今回最大の変更点は主人公が女性になったこと。戦闘で4人パーティになったこと。
有る意味ストーリーがシリーズで一番ひねてるかもしれない。二転三転するしね。でも主人公が素直で良い感じ。
個人的には装備品の概念が無いので、寂しい感じがしますよ。
シリーズで一番お気に入りのキャラ、ギャロウズの魅力がてんこ盛り。  お気に入り度★★★★★
ワイルドカード
  ジャンル:RPG  機種:ワンダースワンカラー
イベント、グラフィック、装備品、攻撃法方法など全てがカードで表現されたRPG。 無駄な移動とかがなく、さくさくと移動できるさまはアドベンチャーに近いシステムか。
攻撃回数、各ダンジョンでの行動回数もカードの枚数で決定されておりそれがなくなると行動できない。
結構淡々と進むゲームなので、人を選ぶと思われる。 お気に入り度★★★★
わくわくぷよぷよダンジョン
  ジャンル:RPG  機種:セガサターン
いわゆる「ローグ」タイプの、「不思議なダンジョン」系のRPGのぷよぷよキャラ版。
ぷよぷよのキャラでRPGって「魔道物語」とちゃうんかいという、突っ込みもあろうが、まあそうとも言う。
インデスヨ。ぷよぷよが有名になった世間ではその名で売った方が期待できるわけですからな。
ゲームとしては丁寧なつくりの「不思議なダンジョン」系のRPGで合成などあるもののシンプルで 初心者にもやりやすいシステムになっていると思う。 お気に入り度★★★★
inserted by FC2 system